元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語で日記】音声DL付 えいごで答える小学生のQ&A日記ドリル 小学校高学年におすすめ

 こちらを、立ち読みしてきました↓。

 

音声DL付 えいごで答える 小学生のQ&A日記ドリル

音声DL付 えいごで答える 小学生のQ&A日記ドリル

 


 

 【対象】

 小学校高学年。

自分について考え始める時期、

単調な繰り返しは嫌になる時期、

幼稚なものに抵抗を感じる時期、に教材として使えそうです。

(高学年は難しいお・と・し・ご・ろ)

 

【特徴】

英語の質問に答える形式で、自分のことが言えるようになります。

 

小学生の生活に沿った英熟語がでてきます。

 

質問に答えるために考えることで、自分は、何が好きで、何をしたいと思っていて、つきつめれば、今自分はどういう人間か、を知る手がかりになるのではないかと思い、

 

英語の学習だけではなく、自分について考えるよい機会にもなるかと思います、

 

が、なにせ思春期入り口ゆえ、わざと変な答えにしてしまいそうですけどね^^;!

 

英語のレベルとしては、

 

 

英語の仮定法と、

(・・・だったら、あなたはどうする?など)

 

現在完了の経験

(・・・したことがある?)

 

の2つ以外は、複雑な文法はなく、英語ができる低学年でも答えられるものもあります。

 

 

【使い方のコツ】


質問に対して即答することは期待しなーい。「うーんと、えーっと」となかなか答えなくとも、子どもが答えるまで待ってあげたほうが良いでしょう。


英語で答えたあと、更に何か付け加えたいなら、


辞書でしらべて、それも言えるようにすると、さらに良いですね!


さらに、

 

これを、一回やるだけでは、すぐに忘れてしまうので(きれいさっぱり~)、

 

カードなどにして、この教材で言えるようになったことを、見ないでいえるようになるまで繰り返して、

 

それができるようになったら、

 

今度は、本当に会話をしているように、台詞をいってみる、

 

という練習をおすすめします!

 

プチ英語劇、とでもいいましょうか。

 

それで、また忘れた頃に、そのカードでさらに練習すると、さらに定着! パッと答えられたら、かっこよいではあーりませんか?!

 

応用編としては、自分で質問を作って、自分で答える!

 

小学生の発想に期待したいですね!

 

ところで、

同じくアルクからもう一冊↓。

みんなのえいご日記ドリル

みんなのえいご日記ドリル

 

 12年前出版。こちらは、「出来事」と「感想」を書く形式になっています。詳しくは、↑から入っていただくと、アマゾンのページで詳細がご覧になれます。

 

【対象】

こちらは、小さい頃から英語に触れてきて、簡単な文が言えるレベルだったら、

小学校低学年からでも使えそうです。

 

以上、2冊(主に1冊を詳しく)、紹介でした。

 

夏休みの自宅英語学習に、いかがでしょうか?

英会話スクールの宿題としても、どうでしょうか?

大人のやり直し英語としても、よい練習になるかもしれません。

 

(そして、最後に、、、チャレンジイングリッシュが幼稚すぎて面白くなくなった我が娘に、、、良いかもしれない!)

 

夏休みの英語学習におすすめの教材をこちらにまとめてみました↓。

 

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 我が家で作っている、英語の台詞カードです↓。紙袋に入れておくと、ホコリがたまってしょうがない・・・。箱に入れたほうがよさそうです。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

夏が終わったら、もうハロウィーンの季節でしょうか。日本はおまつりで一年中忙しい!

 

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

 

最後に、個人的に、筆記体はやらせたいと思っています。小学校高学年だと、あこがれる子もいるかもしれません。

 

今じゃ、筆記体は学校で教えないし、アメリカでも教えていないようです。でも、筆記体でサインできたら、かっこよいじゃないですか!あまのじゃくなので、人がやらなくなったことを、あえてやりたいというだけですが・・・。

bluedaisyday.hatenablog.com