元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英単語・カード】「レピピアルマリオ小額英単語カード700熟語・会話フレーズつき」で、かわいく復習。

またまた本屋さんで立ち読みして、

こんなかわいい英単語カード見つけました↓。

レピピアルマリオ小学英単語カード700 熟語・会話フレーズつき

レピピアルマリオ小学英単語カード700 熟語・会話フレーズつき

 

 

【対象】

小学校高学年~中学1年くらい

 

音声CDがついてないので、

英語初心者というよりは、

ある程度、基本的なWhat, When, How many などで始まる疑問文など、5級程度の英語が読めて、発音できるお子さん向け。

 

英語にフリガナがふってありますが、

 

ある程度英語が読めて発音できるのであれば、フリガナは無視できますから、気にしなくてよいと思います。

 

ウキウキ気分で、今まで習った英語を復習する、ために使う教材ではないかと思います。

 

持ってるだけで、英語がますます好きになる、という魔法として使えるかもしれません!

 

カードだと、

こっちの束は、読めた英語、

こっちの束は、まだスラスラ読めない英語、って、

物理的に、はっきり分けることができますから、

何がうろ覚えなのか、がはっきり分かって、よいです。

 

【レベル】

英検5級程度

700の英単語、熟語、会話など

 

【特徴】

切り離してカードにできる!

もあいてるし、リング付き

デザインが、かなりかわいい

 

 

 

他にもカード形式の英語教材に、こういうものがあります↓。

こちらも、「学研プラス」出版ですね。

小学生の英単語カード950 (新レインボーはじめて英語図鑑)

小学生の英単語カード950 (新レインボーはじめて英語図鑑)

 

 ブログはこちらです↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

ちょっとレベルが上になりますが、こういう単語カードもあります。

 高校生用の英単語カードなのですが、

単語王2202 フラッシュ・カード1

単語王2202 フラッシュ・カード1

 
単語王2202 フラッシュ・カード2

単語王2202 フラッシュ・カード2

 

 

小学生でも覚えておいていいんじゃないかしら、という英語もあるので、今から使っておいてもいいと思っていて、

 

うちの娘にも買ってあげようと思っています。(まだ、思ってるだけ…。)

 

「単語王」についてのブログ記事はこちらです。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

今のところ、英単語のカード式は、この3つしか見つけていません。

 

カードは、自分で作ると、ホント手間かかりますから、こういうのが、あるとラク。でも、英検4,3級くらいのレベルの英単語カードもあればいいのにと思います。

 

 

いつも思うのですが、

 

英検5級程度の教材って、山のように出版されていますが、

 

英検4級以降になると、急に少なくなるんですよね~。

 

2020年から小学校の英語教育が本格化して、英検5級くらいの英語をやるわけですよ。

 

だから、各出版社、小学校英語に集中して教材作っていますよねー。

 

でも、英検5級じゃあ、基礎の基礎であって、自然に会話はできない。

 

英検5級レベルだけではなくて、英検4級、3級の英語も有効に学習・練習できる教材がもっと増えたら、

 

日本人の全体の英語力も、伸びると思うんですけどね。

 

さて、ところで、

 

我が家では、チャレンジイングリッシュを、ちびちびとやっているのですが、レッスンを一回やっただけでは身につかないので、

 

こうやって↓、カード形式に書いたもので、寝る前にたった数分間、復習しています。

challeday.hatenadiary.jp

英語の発音は、デジタルレッスンで聞いていて耳に残っているらしく、上手に読みます。

気に入った英会話のレッスンは、すべて暗記していて、先日一人芝居??をしてくれました^^;。

 

つまり、2人分の英語の会話を、一人でやってました。何も見ないで。

 

ちょっと、感動です。

 

ここが、最初の一歩だと思うんです。

 

身体に英語が染み込んだ、っていう証拠です。

 

おお、なるほど。自分で今頃気づいた↑。

 

チャレンジイングリッシュのブログにも書こうっと!

challeday.hatenadiary.jp

challeday.hatenadiary.jp

 

最後に、こちら↓。

 

特に、バイリンガル教育にご興味のあるかた必見の記事です!

bluedaisyday.hatenablog.com

詳しくはこちらから↓!。