元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英会話教室】英会話スクール、英語教室に行くのであれば、こういうレッスンを受けるとメリットあり。

結論からいいますと、

 

英会話スクールのグループレッスンのほかに、

または、グループレッスンを受けてなくても、

 

小学校高学年以上のある時点で、

 

個人レッスン

「基本的発音の練習」

受けると、これからの英語学習にとても良い、と思っています。

 

講師から正しい発音を習い、真似して言ってみて、どこをどう直せばよいか、フィードバックをもらえます。

 

つまり、その発音で通じるか、

正しいか、をチェックしてもらえます。

 

グループレッスンだと、

 

どうしても

年間カリキュラムが決まっているし、

レッスンごとには、ここまで終わらせないと

いけないという範囲も決まっているし、

人数も多いので、

一人一人の英語まで、

こまかく見ている時間はありません。

 

 

そういう発音練習集中レッスンを

用意している子ども英語スクールは

少ないと思うのですが、

 

プライベートレッスンで、

発音の練習をして欲しい、

と希望すれば、

講師がそのようなレッスンを用意してくれると思います。

 

かなり割高になると思いますが…。

 

最初に基礎をやっておくと、

 

あとでグループレッスンを始めたときに、

自信を持ってスタートできるし、

後々の英語学習に絶対不可欠な

音読の練習の基礎にもなります。

 

 

 

ただ、2泊3日などの缶詰研修で

いきなり現場にだされる

講師も多いと思うので、

 

新人さんとか、

教える経験が少ないとか、

語学学習の仕方や教材を知らない

という講師だと、難しいかもしれません。

 

英会話スクールは選べるが、

講師は選べない、のが現状か。

 

それで、

 

なぜ、このように、英語の発音にこだわるか、ですが、

 

実は、日本語は、あまり唇を使わなくても、しゃべれるんですよね。

 

試しに、口を横にイーっと開いた笑ってるような顔のままで、

 

上記の文、

 

「日本語は、あまり唇をつかわなくても

しゃべれるんですよね。」と言ってみてください。

(誰も見てないときにでも^^;)

 

マ行など、くちびるをつかう音は、

ちょっと難しいですが、

だいたい舌を動かせば、しゃべれましたよね。

 

ですから、日本語は、一番腹話術にてきした言語であると

いう人もいるくらいです。

 

私達は、

 

唇をあまりうごかさないしゃべりかたに慣れているのですが、

 

英語は、唇をよく動かさないと

ちゃんとしゃべれないし、通じないと思います。

 

今まで、色んな国の人と英語でのやりとりを

したことがありますが、

 

なんと、

 

日本人の英語が、一番聞き取りづらかったです!!

なんかこう、平らでモゴモゴしていて...。

 

ですので、

 

英語を話すときは、

 

こんなに唇を動かさないといけないんだな、

 

ということを身体で理解したほうがよい

(できる範囲でかまいません。)

 

というのが持論です。

 

そういうレッスンを受けることで、

自信を持って話せるようにもなると思います。

 

 

ですので、

英会話にいかれているお子さんも、

オンラインレッスンをされているお子さんも、

 

簡単な英会話のレッスンに慣れてきたら、

 

単調な練習にも少し耐えられるようになったと思ったら、

 

発音練習してみたいと思えるようになったら、

 

発音練習のレッスンを

プライベートレッスンで

受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

英会話教室のグループレッスンは、

 

英話の勉強ではなく、

楽しむためのもの、

知らない別の小学生と英語でやりとりして

度胸をつけるもの、

 

と考えたほうがよいと思います。

 

 

 

英会話教室が近くにない、

オンラインレッスンもしない、

という場合は、

 

自宅教材として、こちらをおすすめします↓。

 (アマゾンご利用の方は、こちらからご購入いただけます↑。)


何が良いって、、、

 

 人間の唇の映像つきです↓!

 

 f:id:bluedaisyday:20190408143423j:plain

 

か、かなり、びっくり!!

 

しかも、使っている音楽も、

70年代か、80年代のロック?

 

映像も、何十年前流行ったんですか?

 

といった、かなりショッキングな映像と音です。

 

さらに、

 

CGの動物や人間もでてきますが、

これもかなり動きが古すぎます!

 

 

しかし、内容は充実しています(^o^)。

 

もともとフォニックスの教材ですが、

 

 英語の母音、子音、から始まって、

人間の口の映像と、と、文字

一緒にでてくるので、

 

発音、口の形、舌の位置など、

学習しやすいです。

 

この古すぎる音楽に耐えられナーイ!と言う場合は、

早回しして、

レッスンのところだけ学習するのでもいいでしょう。

 

値段は今の時点で?2000円ちょっとです。

 

プライベートクラスだと、40分数千円になるでしょうから、

 

自宅でがんばる、と腹を決めたら、

こちらのDVDをみながら、とことん練習する、

という選択肢もあると思います。


家族や、友達と一緒にやると、楽しいですよ!

 

以前紹介した、「あいうえおフォニックス」は無料なのですが、

口の形は、「絵」での説明になっています。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

(アマゾンご利用の方は、こちらから詳細ご覧になれます↓。)

 中古品があるといいですね。


 

これは、いつか紹介したいと、

ずっと思っていたDVD教材なんですよ。

 

なかなか、人間の口つき映像ないですから^^;。

 

家族で見たとき、

レトロな感じが面白くて、どちらかというと

子どもより、大人が楽しみました...。

 

怖いもの見たさで買ってみてもいいかも、

なんていうススメ方をしてしまうのでした^^;。

 

でも、実は、

200以上のアワード受賞

している教材なんですけどね!

 

DVDの中の解説もすべて英語ですが、


口の映像がでてくる部分のレッスンだけをするだけでも、口の形、基本的な発音の練習にはなると思います。

 

2020年度から英語教育が本格化しますが、それでも英語の発音練習は、しないでしょう。

時間数や講師の問題がありますからね。


小学校の授業で使ったら先生も楽だし、子供たちにもいい練習になるでしょう!