元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語・リーディング】「フォニックス」より「サイトワーズ」が先。サイトワーズの無料リストを載せました。

日本にはフォニックス関連の教材は多いですが、

 

サイトワーズ関連の教材は、あまり普及してないと思います。

 

フォニックス人気は、現在mpi出版の松香先生の影響が大きいかと思っていますが…)

 

簡単にいうと、

 

サイトワーズというのは、

 

よく使う単語だけど、

フォニックスの法則にあてはまらないような単語のこと。

 

たとえば、

 

two という単語。フォニックスの法則完全無視。

小さいうちから習う色の単語のblue, yellowもそうですし、

am, are も、知らないと読めないです。

 

そのような基本的な単語を、

 

ぱっと見て、ぱっと言える、理解するようにすると、

 

読むのも早くなります。

 

その基本的な単語は、サイトワーズのリストとしてまとめられていて、

 

英語が母国語である子たちは、それを丸暗記します。

 

そのための教材が色々とあります。

 

フラッシュカード↓や、

(こちらからご購入いただけます↓。)

 

Sight Words (Flash Kids Flash Cards)

Sight Words (Flash Kids Flash Cards)

 

スコラスティック社の、この教材もポピュラーです↓。

Scholastic Sight Word Readers Box Set with CD サイトワードリーダーCD付きボックスセット

Scholastic Sight Word Readers Box Set with CD サイトワードリーダーCD付きボックスセット

 

 

でも、無料で、そのリストが手に入ります。

 

今回は、こちらのページをリンクさせていただきました↓。

 

Dolch Word List (ドルチ ワード リスト)です。

https://sightwords.com/sight-words/dolch/#lists

 

これを見ながら、お金をかけずに、手書きで作ったって、いいですよね!そんなに何百とあるわけでもないですし。

 

注意点としては、全く英語を聞いたことも、読んだこともない、真っ白な状態から、いきなり暗記をさせるのではなく、

 

お家の方が、このリストを見て、

 

うちの子は、このくらいの英語だったら、聞いたり、しゃべったりして、慣れているわ、と思ったサイトワーズリストから始めるとよいと思います。

 

英語絵本が読める幼児、小学生低学年から始められると思います。

条件としては、今までに英語を歌やCDなどで、沢山聞いてきていること、

簡単な英語の文章が読めること、をあげたいと思います。

 

ぱっとカードを見せて、一緒に読んでみる。

 

子どもは、カード、好きですよね!勉強も遊びも境目ないですよね。

 

お家の方が楽しそうにしてたら、きっと、楽しくできると思います。

 

わが子は、現在小学5年生ですが、カードでの英語学習が好きで、

 

チャレンジイングリッシュで学習した内容をカードにすると、つい、めくって復習してしまいます!

challeday.hatenadiary.jp

 

以上、サイトワードについてでした。

 

こちら(↓)も覗いてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com