元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【通信教育】チャレンジイングリッシュの賢い使い方。この教材の良いところ、悪いところ、両方書きました。

現在、小学5年生で、レベル5のステップ4を学習中です。

 

私も実際に使って教材研究中です。

 

今は以下のような学習形態に落ち着いています。

 

チャレンジイングリッシュの、いいところも、悪いところも両方書いています。

 

やらない方が良さそうなレッスンはやっていないので^^;、そちらの方から先に書きます。

 

やっていないレッスンその①

 

発音のSplashのレッスンです。

<理由>

音声認識が正確に機能しない。

(@0@;)

 

例えば、レベル5のステップ4では、

ankle とuncle の違いを学習します。

 

が!

 

ankle のところで、uncle と発音しても、「Good!」とでてしまいます。

uncle のところで、ankle と発音しても、「Good!」とでてしまいます。

 

あれれ~?

 

逆に混乱してしまう、変な発音を覚えてしまう、という恐れがあるので、やらせていません。(しかもソフトの動きが遅いです。)

 

すべてのレッスンをやらなくても、レベルアップテストをうけて合格すれば、次のレベルがダウンロードできて、次のレベルに進めます

 

では、発音はどこで学ぶ?

 

フレディの会話のレッスンで十分学べると思っています。

 

フレディと同じように言ってみる、という練習があるので、そこでちゃんとやれば、発音も上手になると思って、フレディの会話のレッスンは必ずさせています。

 

やっていないレッスンその②

 

タイピングのレッスンです。

<理由>

学校の授業で、書く練習があるので、時間短縮のため。

チャレンジパッドだと、ブラインドタッチの練習にならない。

文字は、書いたほうが頭に残る。

 

やっていないレッスンその③

 

ビクターのボキャブラリーレッスンです。

<理由>

●英単語のスペルが表示されないので、英語の音つづりを同時に学習できない。

 

●英単語の「絵」をみても、意味が分からないものもある。

 

ですので、うちでは、語いリストを印刷し、その紙をみながら一緒に発音練習します。

自己流工夫その①

 

 

やっていないレッスンその④

 文法のレッスン

 

 <理由>

今は、触れる英語量を増やすが大事。

文法説明は中学からで良い。

 

逆に、活用しているレッスンは以下の通りです。

 

活用しているレッスンその①

 

フレディの会話のレッスン

<理由>

●キーセンテンスを含めた自然な(ときどき無理やりな)会話を楽しめる。

●音読練習機能がついている。

 

<活用法>

●一度普通にレッスンを受ける。

そして、さらに…

フレディの台詞だけでなく、すべての会話を聞き取り、フラッシュカードにして(これは母担当)、繰り返し練習する。(自己流工夫その②)

 

この↑反復練習で効果5倍!(と思っている)

 

詳しくはこちら(↓)をお読みください。

challeday.hatenadiary.jp

 

ただし、問題がひとつ。

 

画面には、フレディ以外の台詞は、全部日本語表示のみです。

 

ですから、フレディ以外の、Emi, Daniel などの台詞は聞き取って書き留めるしかできません(@0@)!

 

ベネッセに電話をして、この件を解消して欲しい、つまり、すべての会話文の英語表記も作って欲しい、とリスエストしました。

 

(時々)活用しているレッスンその②

 

リサのリスニングレッスン

<理由>

英検5,4級のリスニングほどは、スピードがトロくない。

けれど、

単語が分かれば分かる問題であることは、変わりがなく、簡単すぎるので、ときどき時間のあるときだけやっています。

 

(時々)活用しているレッスンその③

 レックスのリーディングのレッスン

<理由>

まだ、子どもが読める単語が少ない。

 新出単語が多すぎるときがある。

 

 

<自己流チャレンジイングリッシュの使い方のまとめ>

 

現在学習中のレベル5は、

 

発音、タイピング、文法のレッスンはやらないで、

 

フレディの会話のレッスンとリサのリスニング(時々)をどんどん先に進めていく。

 

読める英語が増えたら、前のレベルにもどり、レックスのリーディングのレッスンを集中的に行う。

 

具体的には、

 

語いリスト(自己流工夫①)で語いを増やし、

フレディの会話のレッスンをやったら、フレディの会話のフラッシュカード(自己流工夫②)で復習することで、

 

音とスペルを同時学習。

(言える英語を、読める英語にしていく。)

 

そうすることで読める単語が増えてきたら

 

前のレベルに遡って、リーディングのレッスンを集中的にする。

 

 以上が、試行錯誤した結果の学習法です。

 

ですが、

 

なんだかややこしい…。

もっと普通に進めないのだろうか…。

 

小学6年の中ごろから、レックスのリーディングを集中的に行う予定(かなり、ざっくりな予定ですが…。何の根拠もないですが…。)では、います。

 

それにしても…、

 

フレディの会話のレッスンの英語の全スクリプトがあればいいのに、と思います。

 

こちら(↓)も覗いてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com