元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英単語ゲーム・幼児~小学生】クリスマスの単語で、楽しく英単語練習してみましょう。

自宅で、お金をかけずに、親子でできる、楽しい英単語の練習法を紹介します。


【 対象年齢】

3歳くらいから小学校2年生ぐらいまで

 (親子で一緒に英語学習が何歳までできるかは、個人差がありますが、低学年ならば、まだできる、かも、しれません。)

 

【 やり方その1】

 

①単語の導入

 

 クリスマス関連の英単語の絵カードはこちらから(↓)無料ダウンロードできます。

アプリコットという英語教材の出版社です。

単数形、複数形、両方の絵カードがあって、さすがです!

http://www.apricot-plaza.co.jp/ap_admin/wp-content/uploads/2016/12/christmas_matching_game-_dl.pdf

 

さて、

 

最初は紙で絵カードを隠しておいて、

すこーしずつ絵を見せながら、英単語を聞かせます。

 

そのほうが、最初から、ジャーンと全部見せるより、

より興味を持ちます。ナンダ、ナンダー?というように。

 

練習するときは、単語だけではなくて、

 

It's a ....... と、最初から文で練習します。

 

このとき、お子さんがリピートしなくても、

とりあえず、聞いて分かればいいと思ってやってください。

 

②次に、3つから5つの単語をこのように並べます。

f:id:bluedaisyday:20181221151933j:plain

 (↑こちらの絵カードは、以前歩くで出版していた雑誌の付録です)

 

Close your eyes. とおうちの方が言って、お子さんに目を閉じてもらいます。

その間に、このように一枚、ササッと裏返します。

f:id:bluedaisyday:20181221151953j:plain

そして、裏返したカードを指でさして、

What's this?(これ、なーんだ?) と聞いてみてください。

 

子どもは何を答えればよいか、すぐに分かります。

 

そり!と、日本語で答えたら、

 

That's right!

It's a sleigh!

と、英語で言ってあげましょう。

 

そうやって、何度か繰り返すと、英単語にも慣れてきます。

 

どうしても、すべて英語でやりたい場合は、

始めに、ルールとして、英語で答えてね、と決めておきます。

 

【やり方その2】

 

その①と同じように最初に単語の導入をします。

 

単語が全部、聞いて分かる状態になったら、

 

こんなふうに(↓)チラ見せをして、

f:id:bluedaisyday:20181221152024j:plain

おうちのひと

What's this? 

 お子さん

It's a ... 

で、同じようにやっていきます。

 

 【やり方その③】

 

動体視力ゲームと私が勝手にそう呼んでいます…。

 

絵カードを、右から左にすばやく動かして、さっと隠し、

 

おうちのひと

What's this? 

 お子さん

It's a ... 

で、同じようにやっていきます。

 

これらは、

インフォメーション・ギャップという方法で、

ちょっとだけ分かるように見せて、

興味を持ってもらい、

当てる、というゲームです。

 

単語は少なすぎず、多すぎず。

最高で、7枚くらいでしょうか。

 

単調になりがちな単語の練習のときに使う定番のやり方です。

 

親子で一緒に英語学習ができるのは、

小さいうちだけ…。

 

沢山遊んでみてくださいね♪

 

なお、クリスマスの単語で、

単数形のもの(複数形のSがつかない)だけを集めたユーチューブを見つけたので、

参考になさってください。

 

youtu.be

 

 

クリスマス関連のものをまとめました(下)。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

こちら(↓)も覗いてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

楽しく英語育児ができるといいですね!