元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【CD付き英語絵本】CDつき Momotaro ももたろう!英語でよもう!はじめてのめいさく 岩崎書店

 今回ご紹介する英語絵本は、こちらです。

 

5歳から小学校高学年まで。個人的には、中学生でもよいと思います。

 

【特徴】

絵本には、カタカナで英語の読み方、英語の下に日本語訳書かれていません英語だけが書いてあります。

K文や、三省堂出版にも、似たような英語絵本のシリーズがありますが、英語にカタカナはふってあるし、英語の下には日本語訳があるし、ごっちゃごちゃで、あまりお勧めしません。

英語の音をそのまままねできるような年齢の子どもに、カタカナ読みはやめたほうが良いと思います。

シンプルな英語が使われています。

 

【なんで英語絵本?】

●簡単な英語だけでも、1つのストーリーがつくれることを知ることができる。

●英語の音に慣れる。まずは、聞くことが大事です!(聞く、話す、読む、書く、の順で学習する)

●英語学習は量も大事。絵本で学習量を増やす。

●音と文字を結びつける役割を果たす。フォニックスは、個人的には、接する英語量が少ない場合、あまり効果がないと思っています。フォニックスのような「法則」を学ぶ前に、たっぷり英語を聞く、読む、をする必要があると思います。

フォニックスの学習の前に、沢山英語を聞き、音読し、読むことが先。 - 元英会話講師のチャレンジイングリッシュ徹底活用!

 

【使い方】

●おうちの方が、「この絵本かわいいね。おもしろそうだね。」と楽しみにする。

園などに入る前に、お母さんと一緒に絵本を見ながら聞いてみる。

●園などでの集団生活が始まると、英語が必要ではないことを子どもは理解し、中には、「エイゴ、キライ」と言い出すお子さんもいるので、そのときは、無理強いしない。一人遊びなどしているときに、かけ流す。おうちのかたも勉強になりますね!

●音読は強要しない。日本語の本も、楽しいから読むのであって、文字を読むためによんだりしないですね。絵本をめくりながら、CDをきいてみましょう。

●文字に興味を持っているようなときに、CDと一緒に読んでみましょう。少しでもできたら、褒めましょう!

英語学習経験のある小学生だったら、CDなしで、どのくらい読めるか読ませてみる。そのあと、CDを聞いてみる。できれば、シャドウイングをでやってみる。

●できそうであれば、さらにCDと同時に読んでみましょう!

●英語のお教室での読み聞かせにもよいと思います。

音読はとても効果がありますので、こちらもお読みください(↓)

英語は「音読」で決まる!ちゃんと練習したら、(大人は)口の周りが筋肉痛になりますよ!子どもは平気! - 元英語講師の「おうち英話」のススメ

 

 

余談ですが、

 

この絵本の作者の一人、Soshi Uchidaさんは、ボストンのバークリー音楽大学を卒業したミュージシャン。

そして、そのお母様、ヘリーン・ジャーモル・内田さんが、この絵本の監修を務めていらっしゃいます!

彼女は、リトル・アメリという英語教室を福岡で創設。

さまざまな教材も開発して販売しています。実践から作り出された教材です。

 

教材を選ぶとき、監修が誰かも選ぶ基準にしています。その本に、監修者の理論が反映されているからです。

 

このシリーズの他の絵本も沢山あります。

国外のお話の本もあります。

セット販売もしています。

 

 こちらからご購入できます(↓)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語でよもう!はじめてのめいさく第2期(全7巻セット)

英語でよもう!はじめてのめいさく第2期(全7巻セット)

 

 

こちら(↓)も覗いてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com