元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

夏休み英語特集【絵本】ベネッセの「よみきかせえいごえほん」お話が5話、英語と日本語で聞ける!歌とゲームもある!。

前回に引き続きまして、

 

仲田利律子先生監修!の教材を紹介させていただきます。

 

こちら↓でーす。本屋さんで英語教材物色中に発見。今年発売できたてホヤホヤ。

よみきかせ えいごえほん にほんごつき ([バラエティ])

よみきかせ えいごえほん にほんごつき ([バラエティ])

 

 

はじめて英語の音つきの絵本を購入するという方に、おすすめです。

 

音声だけでなく、文字もバイリンガル仕様になっていて、

 

英語のお話の下に、小さく日本語がかかれています

 

お話は5話あり、

 

タッチペン(英語も日本語も両方聞ける)で音声が聞けて

 

ゲームや歌も少し入っていて4000円台です。

 

これは、赤ちゃんっぽいですが…

 

実は、小学生でも十分使えると思います。

 

なぜなら

 

大きなかぶ

ももたろう

ありときりぎりす

しらゆきひめ

3びきのこぶた

 

がはいっている

 

つまり

 

簡単な英語だけで、これらの物語を語れるわけないです。

 

使い方としては、

 

赤ちゃんのときに買って聞く

 

小学生になったら音を聞きながら暗唱する、

 

さらに、文字が読めるようになったら、文字を読む練習をする。

 

そのように、長期間利用する。

 

気をつけたほうがよいと思う点は、

 

①「効果音」が入っているので、効果音が怖い!というお子さんもいるかもしれないということと、

 

②保育園、幼稚園のお子さんで、お友達も先生も、みんな日本語なので、もうその年齢で、英語は必要ないと悟り、

 

「英語じゃなくて、日本語でききたい!」になるお子さんもたまにいらっしゃいます。

 

タッチペンでは、「えいご」も「にほんご」も、子どもも簡単に操作で選べてしまうのです(電話で問い合わせてみました♪)、

 

 

そしたら、その時は、絶対無理強いしない

 

悪い例→「え、ちょっと、なにやってんの。ダメじゃん。英語ききなよ、英語!英語の勉強になんないじゃん!」といったことは、しないでくださいね~^^;。英語嫌いになると残念なので…。

 

良い例→知らないフリをして、ソファーとかに広げておくと、ママやパパがいないときに、こっそり1人で「えいご」のほうを聞くかもしれません。

 

良い例→「ママさ、こっちの英語のほう聞きたいんだけど、いい?○○ちゃんは、聞かなくていいから、あっちで遊んでる?」というように、

 

おうちの方が、英語に対して、好き、楽しいという感情をもつと、自然とお子さんもつられて好むようになる可能性大です!

 

今回書店で見つけたこの教材、私は持っていないのですが、

 

似たようなセットは、昔買いました(今は絶版…)。

 

子どもが小さいとき、一緒にCDを聞きながら読みました。

 

小学校高学年になったいまでも、英語で覚えていてびっくりです!

 

お話系は、長く使えますね。

 

こちらもご参考になさってください!

 

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com

bluedaisyday.hatenablog.com