元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語多読】オックスフォード出版局の多読教材、オックスフォード・リーディング・ツリーに音声ペンも販売されています

 

以前紹介しました、ORT(↓)ですが、

英語の多聴多読教材の定番はオックスフォード・リーディング・ツリー(ORT) - 元英語講師の「おうち英話」のススメ

 

なんと、この教材にも、

 

音声ペン

 

ができたんですね!

 

オックスフォード出版局のHPに使い方のビデオもあります(↓)

https://www.oupjapan.co.jp/ja/products/detail/674

 

これ欲しい!

 

なぜか!

 

それは、リピート練習にもってこいだから!

 

私はカセットテープで、英語の音読練習をやった世代ですので、CDは、どうしても、使っていてしっくり来ないんです。

 

カセットテープは、手をつかって、スイッチをガチャっと押してスタート、ガチャっととめてストップ。カセットデッキが身体の一部になってる感じがするので、練習しやすかったんですよ。(音読練習の仕方については、こちらをどうぞ!↓)

英語の音読練習の方法、習ったり実践してみたことは?英語は「音読」することで、身体にしみ込ませましょう! - 元英語講師の「おうち英話」のススメ

 

それで、この音声ペンが、カセットデッキの代わりになるんじゃないかと思うのです。

 

CDよりも、身体の一部になりやすく、より気軽に練習に入れる。

 

何歳まで使えるか。

 

個人差もありますが、多分、小学4年生くらいまで。

 

思春期に突入しはじめる小5だと、親の前で音読練習はしなくなるでしょう。

 

 

それに、音読練習を小学高学年からはじめると、正直しんどいです。

 

13歳くらいで、言語習得をしやすい時期は終わります。

 

小さいときより、聞き取り、マネする能力はかなり落ちます。

 

ですから、そうなる前に、小学4年生くらいまでに、慣れておくとよいでしょう。

 

そのための手段として、音声ペンで、物語を一緒にきき、何度もきいたら、きっと英語の音声はお子さんの頭に入っているので、「お母さんにきかせてみて。」などと促して、子どもに読んでもらう。おばあちゃん、おじいちゃんに読んで聞かせて!というとさらに、喜んで読むかもしれませんね。

 

そういう使い方ができる道具じゃないかと思います。