元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

チャレンジイングリッシュ レベル4も英検5級程度の基礎的内容。ちょっと物足りなさを感じています。

レベルチェックで、レベル3と判定でたので、レベル3から始めましたが、レベル4に入っても、あまりレベルアップした感じがしません。

 

チャレンジイングリッシュは、レベル3と判定されても、レベル4から始めてもよいのではないかと思います。

 

レベル4から始めるということは、そこまでの学習内容、つまりレベル1からレベル3までの内容はダウンロードされるので、

 

レベル4が難しいなと思ったら、レベル3に戻ることができますから!

 

ひとつ、デメリットとしては、1レベルクリアするごとに努力賞ポイント24点が入るのが、レベル1つ分、とり損なうということです。が、ポイントのために英語をやってる訳でもないし...。

 

英会話教室に通っていたり、絵本よんだりして、英語に慣れ親しんでいるお子さんでしたら、最初からレベル4からでもいいかもしれませんよ。

 

レベル4までは、3年生まで学習を終わらせ、4年生から3年かけて、レベル8までいく、るくらいのペースも良いかと思います。

 

 あとは、

 

各ステップを終わらせるのにどのくらいかかるかというと、2時間もかかりません

 

レベル設定が簡単すぎたら、土日の二日間で、レベルの1つを終わらせるのも手ですね。

 

 我が家では、チャレンジイングリッシュで学んだキーフレーズなどを、文字に起こして手作りフラッシュカードで復習しています。小学4年生くらいまでは、下の記事で紹介しているような大きい文字で、高学年からは、A4の紙にまとめて書くいたもでよいでしょう。

challeday.hatenadiary.jp

 

 読む量は少ないので、リーディング教材(↓)も、同時進行でもいいですね。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

チャレンジイングリッシュについての詳しい情報はこちら(↓)からどうぞ!