元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語教育・本】パルキッズの紹介本の英語をすべていつも間にか、知らないうちに、暗記してるかも…!?

 先日、今度小学5年になる子どもが、

「Red is the color of a siren.」

「Orange is the color of a mandarin.」

「Blue is the color of sky and sea.」などとつぶやきはじめました!

 

変なたとえですが^^;、口の中から、次々と国旗がでてくるマジックってありますよね。そんな感じで、口の中から、次々と英語がでてくると言ったらよいでしょうか...。

 

なんかどこかで聞いたことがあるなあと思ったら、この本のCDでした。↓

f:id:bluedaisyday:20180306103356j:plain

 

やっぱり、子どもの言語習得力はすごい、そして、パルキッズの教材(といっても、パルキッズの教材の紹介本だから英語量はほんの少しなのですが...)もすごい!

 

子どもは、文字で覚えるのではなく、やっぱり、最初は、「音」で言葉を覚えるのですね!

 

日本人が英語ができないって、よく聞きますよね。

 

小さい頃から、英語を学習・使用してないからだよって、なぜ声を大にして言わないのかな。

 

だから、DWEやパルキッズが売れるんですよね。そして、やっていたお子さんは、英語が出来るようになる。小学生くらいから、英語で本を読むし、会話もできるようになる。

 

「英語ができる日本人」になってほしかったら、早期英語教育はおすすめです。

 

小さいお子さんをお持ちで、英語ができるようにしたいという希望をお持ちでしたら、民間の英語の通信教育で英語環境を与えてあげてください。

 

2020年から小学5年生から英語が教科になるけれど、

 

小学5年生だと、10歳、11歳。もう言語習得能力が高い時期はそろそろ終わる年齢です。

 

よっぽどやらないと、身につきません。

 

中国、韓国、ベトナム、フィリピン、小学生から英語を学校で習っています。ずっと前から。

 

早期英語教育は害だ!という専門家の方たちもいらっしゃいます。

 

その中には、中学からすごく頑張ってできるようになられた方もいます。

 

ご本人は、きっと中学時代から、英語優先の人生をおくったのだと思いますが、みんながみんな、そうではありません。

 

ですから、言葉の臨界期を過ぎてしまい、ただでさえ忙しく、多言語の学習に時間がかかってしまうようになる中学生からでOKと言ってしまうのは、どうかと思います。

 

 

小学5年生でさえ、ほぼ毎日6時間で、4時すぎ帰宅。宿題、友達と遊び、習い事で、忙しくなります。

 

さらに、聞き取り能力を鍛えるには、小学5年でも、ギリギリの年齢ではないかと思います。毎日勉強すれば、結果は違いますが。

 

まずは、こちらをお試しになることをおすすめします。子どもの学習能力にびっくりしますよ!

 

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド