元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

小学生の英語学習法は、お教室に通うより、英語の通信教育で定期的に自宅学習する、がおすすめです

小学5年から英語が教科になりますが、教える人材不足、良いカリキュラム不足のため、2年早めても、あまり効果はないですよ。夢がない話ですいませんね~。

 

英会話教室に通っても、週1回50分では、焼け石に水。(さらに夢が遠のく...?効果よりも、とにかく習うのが好き!人と話したい!というお子さんにはいいと思いますよ!)

 

結論。家庭で個人で、英語を学習する習慣をつけないと、英語が使えるようにはなりません。(または留学する?!)

 

そこで、現在の時点で、私が紹介できる自宅教材2つについて書きました。

 

おうちの方が選んで、お子さんのために、お家の方もキチンとやり方を理解して、英語の自宅学習をさせてあげてくださいね。。

 

①パルキッズ

 

ウチも、こっちにしとけばよかった、と思います。

 

幼児のうちから聞き流して英語脳を作っていく教材ですが、コースが色々あるので、小学生からはじめるお子さんでも、使っていけます。我が家も、実は、こちらの教材に路線変更検討中です(まだ、子どもには言わず、私の頭の中だけで)。DWEのようにバカ高くないのに、効果は絶大だと思います。

 

この本に詳しく書いてありますので、是非読んでくださいね(↓)

bluedaisyday.hatenablog.com

 

②ベネッセのチャレンジイングリッシュ

 

①ほどの飛躍的な英語力アップは望めません。が、ちゃんと使えば以下のような効果がでます。

 

例えば、ウチの場合、十分に利用して、レベル3終了時点で、英検の5級程度なら、リスニングだけならほぼ満点です。英検5級の問題が全部スラスラ読めるようになるのは、難しいかな...。会話中心の教材ですから。

 

小学低学年、中学年からスタートがよいでしょう。ベネッセだと、小学5年生から英語も始まるし、チャレンジイングリッシュの内容的にも、5年男子には幼稚すぎると思います。5年女子には「キャラクターのかわいさ」でまだ大丈夫かも。

 

チャレンジパッドで、子どもだけでやる、というイメージがありますが、使い方に慣れるまでは、毎回レッスンにおうちの方が一緒に見てあげると良いと思います。

 

それに、親への学習状況メールをみても、どんな英語を学習したかは分らない仕組みになっているので、おうちの方が4技能それぞれについて、どんなレッスンをしているのか、理解しておく必要があるかと思います。それに、やってみると面白いです。

 

チャレンジパッドの不具合などがあって、動かなくなったり使いづらかったりすると、やる気ダウンにつながってしまうので、ちゃんと使えるように親が助けてあげるのは重要です。

 

私の子どもは、チャレンジイングリッシュで朝学習(たったの5分...^^;)しています。

 

challeday.hatenadiary.jp

 

 私が提案できるのは、この2つです。

 

繰り返しますが、英語学習は、家庭学習で決まります。

日本に住んでいたら、英語使う必要全くないから、家庭で英語環境を作っていくしかありません。楽しく英語環境を作っていけるような情報提供がんばりまーす!