元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

小学生用に、英語の筆記体のかわいい練習帳、買っちゃいました。

先日、 ロシアでは 小学1年生の時に 最初に筆記体を勉強し、その後にブロック体を学習するという話をラジオで聞いたと書きました↓。

アルファベットは、ブロック体じゃなくて、筆記体のほうが、子どもには面白いようです。 - 元英語講師の「おうち英話」のススメ

 

小学4年生の我が子もブロック体よりは筆記体に興味津々。

 

 f:id:bluedaisyday:20180301101427j:plain

 

 

Cursive Writing (Learning Line)

Cursive Writing (Learning Line)

 

 

まずはちょっと頑張ればできる程度まで、やってみよう。

 

うちの場合は、一番最後の文章のところはもう少し大きくなってからのためにとって おきます↓。

f:id:bluedaisyday:20180301100048j:plain

 

使ってみて発見!

 

何と筆記体の書き順が書いてない!(大事なとこ、抜けてる?^^;)

 

でも大丈夫。 Google先生に聞いてみよう^0^。

 

筆記体 英語 書き順 などで検索すればすぐ出てきます。

 

 勉強というよりは半分遊びなので 気の向いた時にできるように目につくようなところにわざとらしく置いておくと、興味を示すかもしれません。

 

お子さんの名前を筆記体で書いてみせると、

 

かなり食いついてくると思います!

 

勉強と遊びに境界線などないと思います。 なんでも面白そうだなあと思ったことをやらせてみれば良いと思います。

 

なんでもデジタルな時代。筆記体なんて、必要ないかもしれない。

 

でも、できたら、カッコイイし、それで褒められたら、自分って、英語得意なんだ!と思い込んでくれるでしょう。

 

私は、筆記体だと、いちいち鉛筆を紙から離さず書けるので、買い物などのメモするときは、筆記体

 

クリスマスカードを外国のお友だちに書くときは、丁寧にかわいくブロック体、で書いています。あとは...、ラインやインスタなので、筆記体、関係ないですね!

 

ってことは、筆記体はメモるときだけ?!でもやっぱり便利だと自分では思っています。