元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

子どもをバイリンガルにする必要のあるかたには、ディズニーの英語システムはやっぱり一押し!

どうしても、お子さんに英語がしゃべれるようになってもらいたい!と思っていらっしゃるのでしたら、

 

ディズニーの英語システムもいいんじゃないかなと、個人的には思いますね~。

 

サンプル教材見て聞いたとき、

 

10年、英語講師として働いてきた私は驚愕しました。

 

自分が今まで、時間、労力、お金を使ってやってきたことは、一体なんだったんだろうなぁ~、

 

これを家で使うだけでいいじゃん、

英会話学校よりずーっと上手になる、

 

って思いました。

 

なんといっても、開発者は、地球最強の、ハーバード大学の教授。そこからして、違います。

 

私も営業の方に来てもらって説明ききました。でも、値段聞いて、うちの旦那ドン引きでした~。高い!

 

「うん。じゃあ、君が教えればいいね。」ということで、あっさり却下。「この話は、なかったことに」的態度に急変。

 

あの時、私がもっと旦那さまを説得できていれば、と本当に悔やまれますが、後悔後にたたず、ですね~。

 

仕方なく、サンプル教材を、何度も何度も見たり聞いたりしました...。今も大事にとってあります。私が家事の合間に歌ったりしてます(^o^)

 

その中に、What's in your basket?という歌がありました。

 

娘は、この曲を聞いた後、隣の部屋にすっとんでいき、なにやらバスケットを持って走ってきて、その英語の歌を聞きながら、「ママ、ここに何か入れて!!」と、たどたどしく言ってきて、それはそれは楽しそうに、英語の歌を聞きながら、遊びに夢中になりました。英語の歌と遊びで、「意味が分かる」ようにできているのです。

 

あと、文章なんて全然教えていないのに、DVDを一緒に歌いながら見た後、プーさんのカレンダーの中の黄色い蜂蜜を娘が指差し、

 

「Yellow is yummy.」って、嬉しそうに言ったんです!!

 

何がすごいか分りますかぁあ?

 

それは、文章教えたこともないのに、ちゃんと、is というbe動詞で、主語(Yellow)と補語(yummy)をつないでsvcの文を作り、自分がいいたいことを英語で言えたってことに感動したんです!分りづらくてすいましぇーん!

 

営業の人たちの中には、しつこい人もいるんでしょうが、私のところに来た人は、すごくあっさりな人でしたよ。私からの問い合わせには(つまり、もっと安いパターンで、月々の支払い、試算してくれませんかね~?って^^;)メールで丁寧に答えてくれました。しつこい電話もなかったですよ。人によるんでしょうかね。

 

正直言うと、私はミッキーとかミニーとか、ディズニーランドとか、私全く興味ないどころか、逆に、好きじゃないんですが、

 

英語のシステムとコンテンツのみに、惚れました。アン教授はじめ、プロの仕事に惚れました。(写真はとらないが、高価なカメラに惚れて買っちゃうオタク、と思っていただければ、ハイ。)

 

今使っている人が、うらやましい、と同時に、上手に使って、費用対効果をひたすらあげていって欲しいと思います。

 

ご興味ある方、こちらから↓どうぞ!

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!

 

 小学校高学年くらいから英語を始める場合、ちょっとがんばらないと…。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

考えなくても英語がでてくるんですね、バイリンガルって!

bluedaisyday.hatenablog.com