元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

日本に住んでたら、英語使う必要ないよね、と我が子発言。その通り!だから自宅の英語の環境づくりが大事。

 

これを読んでいただいている方は、

小さいお子さんをお持ちの方でしょうか?

それとも小学生のお子さんをお持ちの方でしょうか?

 

これからますます英語が必要になってきます。

 

どうやったら英語ができるようになるのでしょうか。

 

私も、一人の娘の親として、日々試行錯誤の毎日です。

 

人間の成長に合わせて考えていくと、

 

だいたい3歳で母国語でコミュニケーションがとれるようになります。

 

その時期に、幼稚園などに入園すると、周りが日本語しか

使わないため、3歳の子どもでも、生活面では、

「英語は必要ではない。」と

分かってしまいます。

 

 

ですので、幼稚園の時期に、英語が嫌いになるお子さんもいます。

でも一時的なものなので、深刻にならないでください。

 

ですので、子どもがそういう意識を持つ前までに、

 

沢山英語でお話をを聞いたり、歌を歌ったりして

英語は楽しいな、自分は少しできるな、という

体験ができていると、

その後の英語の学習に有効だと思います。

 

ですので、

就学前までは、沢山英語を聞いたり、

歌ったり、踊ったり、幼児が楽しめる形で

英語活動をしていかれると良いと思います。

 

小学生にあがったら、

1,2年生までは、同じように、

英語を聞く

英語を真似ていってみる、という

「聞く」「真似する」の技能に集中するとよいでしょう。

 

というのは、外国語の音を聞いてまねる能力は、だんだん

年齢とともに落ちていき、中学に入る頃は、英語の音まねは

難しくなってしまいますし、

年齢的にも、声をだすのが恥ずかしい時期になります。

ますます、声にだして練習することが難しくなります。

 

小学3年生になると、公立小学校では、

ローマ字を習い、学校でアルファベットを

書く勉強をします。うちの場合は、

そのときにしっかり書く練習をしました。

家庭では、それまでは、書く学習はお遊び程度でした。

 

さあ、小学4年生はどうでしょう。

 

小学4年生の娘が言いました。

 

「日本に住んでたらさぁ、英語必要ないじゃん。

だれも英語しゃべらないし、なんで英語するんだろう。」

 

ご自分のお子さん、そんなことおっしゃったことはありますか?

もし、こう言われたら、どう答えますか?

 

私の場合です。

 

英語ができたら、何かとお得よ、とシンプルに答えます。

 

「中学生、高校生の間、

ずーっと、他の教科と同じように、

勉強しなくちゃいけない。

イコール、それに時間とられる。」

 

「でも、今のうちに少しずつやっておく

(勉強の仕方をマスターする)と、

中学、高校になってから、楽しくできる

 

そうすれば、

極端に勉強時間増えたりしない、

イコール、好きなことをする時間を確保するのに、有利である。」

 

と、現実を伝えました。

 

なぜ、現実を伝えたかと言うと、

 

親が、子どもの英語教育にべったりかかわれるのは、

小学4年ごろが最後だと、思うからです。

 

小学4年生といえば、10歳。

 

10歳からは、もう、自分のやり方でやりたがります。

親の言うことには反発しはじめます。

 

それに、

 

小学校高学年になったら、ますます忙しくなります。

というか、ほとんど大人になるので、

自分が本当に好きなことを選び始めます。

英語はそんなに好きにはならないかもしれません。

 

でも、それまでの学習習慣がついていれば、

ほそぼそとでも、継続していけるのです。

 

 

そして、中学に入ると、文法を習います。

何かと文法は悪者扱いされますが、

中学で習う文法はとても大事なので、

中学英語は、基本的に全部暗記したほうがよいです。

そして、小さいときから、

歌やチャンツなどで鍛えた英語の口の筋肉を使い、

暗記するまで、音読練習することが大事です。

私は、中学のときの音読練習が

自分の英語力の基礎だと思っています。

 

 

そして、次、高校生になります。

 

単語の量がかなり増えます。

しかし、高校に入学する前までに、

高校で習う英単語を前倒しして、

小学校高学年から暗記練習を続けていけば、

高校でも、ちょっとラクです。

しかも、音読練習に慣れておけば

単語、英熟語などを覚えるときも、

最初に音で覚えられるので、かなりラク

覚えられるようになっていると思います。

 

 

そして、次、大学生になります。

 

専門の論文は英語で読みます。

沢山読んで、読む力、書く力をつけていくことでしょう。

 

 

そして、いつか、英語が喋れるようになりたい、

海外で勉強したいと本人が思ったときに、

 

少しでも今の学習が土台となって、

効力を発揮してくれればいいな、と思っているんです。

 

バイリンガル教育ではなく、

少しずつ学校や、家庭でコツコツ英語学習を

していく場合は、

 

20年かかると思えばよいかと思います。

 

うちは、バイリンガル教育をしっかりやりたい!!

と言うのであれば、数千時間の英語学習を、10代のうちに

やる必要があるので、

 

まずは、DWEで英語漬けにするのが良いかと思います。

 

その場合は、こちら(↓)も覗いてみてください。

bluedaisyday.hatenablog.com