元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

日本に住んでたら、英語使う必要ないよね、と我が子発言。その通り!だから自宅の英語の環境づくりが大事。

長い冬休みが終わりました。年始早々、はてなブログから、「一ヶ月書いてませんねー^^。そろそろ記事をかいたらいかがですぅぅー?」というお知らせ(応援?)を頂きました。

 

このお知らせは効果がありますね!実際に今書き始めましたから!

 

最近は、うちでの英語学習はチャレンジイングリッシュが中心です。日々の記録はこちらからどうぞ!↓

2018年もチャレンジイングリッシュで朝学習からスタート! - チャレンジイングリッシュ徹底分析!

 

どんな教材を使うかも重要ですが、それをどこまで活用するか、継続できるか、も同じくらい大事なので、チャレンジイングリッシュを色々分析していました。

 

ところで! 来ました、来ました。気づくときが...。

 

娘いわく、「日本に住んでたらさぁ、英語必要ないじゃん。だれも英語しゃべらないし、なんで英語するんだろう。」

 

ご自分のお子さん、そんなことおっしゃったことはありますか?もし、こう言われたら、どう答えますか?

 

私の場合です。

 

「うん!日本に住んでたら、ぜんっぜん、英語なんて使わないよ。ママ、英語しゃべれるけど、英語は、教えるとき以外、ぜんっぜん使わない。だから、住んでるだけだと、使わないから英語なんて要らないね。」

 

「でもな、高学年、中学生、高校生の間、ずーっと、他の教科と同じように、勉強しなくちゃいけないのよ。イコール、それに時間とられるってことよ。」

 

「でも、今のうちに少しずつやっておく(勉強の仕方をマスターする)と、中学、高校になってから、楽しくできるよ。それに、いきなり英語が教科になったからって、極端に勉強時間増えたりしないし、塾に行く必要もなくなるしね。イコール、好きなことをする時間を確保するのに、有利なのよ。」

 

と、現実を伝えました。

 

そう。自分の好きなことをする時間。日本の小中高生に、十分ありますか?

 

没頭できること、できてますか?

 

中学になっても、高校になっても、好きなこと(好きなお稽古事)は続けて欲しい。

 

そのための環境づくりとして、小さい頃から、塵も積もれば山となる、という気持ちで、コツコツ、細く長く、英語の学習を続けさせているんです。

 

そして、いつか、英語が喋れるようになりたい、海外で勉強したい(今は外国大嫌い^^;。テロだ、北朝鮮だ、物騒なニュースが多いのでねぇ。)と本人が思ったときに、少しでも今の学習が土台となって、効力を発揮してくれればいいな、と思っているんです。