元英語講師の「おうち英話」のススメ

英語が小学校で教科に! 0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るためのヒントを紹介!

英語のクリスマスソングCDその② スーパーシンプルソングズのクリスマスソングCD

今回は、もう一枚、クリスマスのCDの紹介をしたいと思います。

 

Super Simple Songs Christmas  (Super Simple Learning)

f:id:bluedaisyday:20171027102854j:plain

 

先日紹介したCDは、伝統的なクリスマスソング集ですが、こちらは、CDと一緒に練習できて、簡単で、すぐ歌えるようになる曲がありますよ~。小さいお子さんから、大人まで、一緒に練習してみませんか??

 

それで、このCD,色々と面白い工夫がされているんです!

 

特徴① 歌を一節ずつ、リピート練習できる。

 

どいうことかというと、例えば、2曲目の「Jingle Bells」の場合だと、

 

♪Dashing through the snowと一節歌うと、直後に、この部分のカラオケが流れます。

 

あれ?CD壊れた?って一瞬思ってしまいますね~^^;。

 

こういうCDって、あまり聞いたことがないので、始めは、カラオケがいちいち途中で入るのが、歌の流れ的にとっても違和感ありましたが、慣れてきました^^。

 

この歌は歌詞が物語りのようになっているので、「ジングルベール、ジングルベール」っていうサビの部分以外は、単語の密度が濃いので、このように、歌のリピート練習ができるものにしたのでしょう。

 

このようなリピート形式の歌は、2曲目3曲目です。

 

②歌詞が簡単

1曲目は、Helloと1から10までの数字と、いくつかの英単語(reindeer, snowman, santa) ができれば歌えます。

 

最後の12曲目も、グッバイソングで、Goodbyeと, We wish a Merry Christmasと、いくつかの英単語(reindeer, snowman, santa) で歌えます。

 

この2曲はほぼ同じメロディーです。

 

あとは、11曲目。これはこのCDの中で個人的に一番好きな曲ですが、snowflake(ふる雪の一片)と、headなどの身体の部位だけで、簡単に歌えます。

 

この11曲目の一番好きな理由は、歌詞を自由に変えられることです。

 

昔、娘とバス停でバスをまっているときに、近くに花が咲いていたので、この歌のsnowflake を flower に代えて歌ったら、娘がハマりました!

 

面白いので、rain にしたり、pencil にしてみたり。「え、鉛筆が降ってくるの?キャハハハー!」変なことが大好きな幼稚園児にウケました。

 

③カラオケも収録されている

 

12曲が終わると、そのあと全曲のカラオケ版も入っています。

 

上記の2,3曲目は、リピート練習の部分もカラオケではいってますので、カラオケで自分で歌うときも、

 

♪Dashing through the snow の部分も、二回繰り返すことになり、ちょーーーっと間抜けな感じがしますが…^^;。

 

あとすごいのが、

 

④自宅のプリンターで出せる200枚の教材付き!!

感動です!沢山印刷しちゃいました。

f:id:bluedaisyday:20171027103009j:plain

 

歌詞はもちろんのこと、歌と関連する楽しい練習問題が沢山。ピクチャーカードも作れます。

 

いま、このCDのカラオケを流しながら書いているのですが、クリスマスケーキにろうそくを灯した幻想的なときに、このカラオケの好きな曲をかけるのもいいかも!と思いつきました。

 

11月から、街のあちこちでクリスマスの準備が始まりますね。おうちでのクリスマスも楽しくなるといいですね!!

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!