元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【CD・英語でクリスマス】その① Ladybird 社の 「Christmas Songs」は、絵本も音楽もとても素敵です。

 

毎年うちで聴いているクリスマスの英語の歌のCDは、こちらです↓。

Christmas Songs (Ladybird Picture Book)

Christmas Songs (Ladybird Picture Book)

 

 

実際の絵本は、表紙の星の模様がキラキラ素材を使っていて、

 

とても綺麗な表紙になっています。

 

中身のイラストも、温かみがあり、とっても素敵です。

 

インテリアとしても、十分気分を盛り上げてくれます。

 

私は、本屋さんで、イラストに惹かれて衝動買いしました。(5人のイラストレーターがこの本に絵を描いてます)

 

CDの音も聴きやすいです。

 

BGMとして流していても、耳が疲れません

 

子供用に、イラストも音も、柔らかく聞きやすいものとなっているのでしょう。

 

歌詞は、イラストの中に書かれてあるので、イラストを見ながら、歌詞をみて一緒に歌うと楽しいです。

 

 

曲は、

 

Jingle bells

Santa Claus is comin' to town.

Let it snow! Let it snow! Let it snow!

Rudolph hte red-nosed reindeer

We wish you a merry Christmas

Winter wonderland

I wish it could be Christmas every day

I saw Monny kissing Santa Claus

The twelve days of Christmas

The Christmas song

 

の10曲です。

 

曲数は少ないのですが、ボーカルの声が良く、聴いてて疲れません。

 

 

私は、The twelve days of Christmas をこのCDで初めて知りました^_^;

 

近くの英会話の教室では、この歌にジェスチャーをつけて、全員で歌っていたのを見たことがあります。

 

Jingle bells (英語のタイトルには、「bells」と複数形になっています)は、

 

雪国育ちの私には、はずせない曲。トナカイはいませんでしたが、人にそりを引いてもらって乗りました。

 

Let it snow...も、雪国育ちの私は、故郷を思い出させる曲なので大好きです。

 

最後のThe Christmas song は、私が中学か高校のときに欠かさず聞いていた、NHKのラジオ英語の中で、アメリカ人の講師が歌ったのをカセットテープ(そういう時代でした)に録音し、何度もきいて練習して、歌えるようになりました。

 

 

クリスマス期間中は、食事中などに、このCDを毎日のようにかけてます。英語の発音練習代わりに、家事の間も歌います♪