元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

おうちで歌おう。英語でハロウィーンソング その1

今回紹介します教材は、

 

Wee Sing for Halloween

Wee Sing for Halloween

 

 

千円台のお値段で、50曲入ってます!昔から歌われている曲に作詞したものや、オリジナル曲、チャンツなどが混ざっています。

 

さて、この歌の本の中から、何曲か、おうちで歌えそうなハロウィーンソングを選んでみました。

(we sing シリーズは、曲に番号がついてないので、まずは番号付けの作業からしないといけないんですよね…。)

 

動作と一緒に歌えるハロウィーンソング

12番 Fly Little Bats

fly, crawl, stomp, creep, dance, float など、動作のある動詞が中心なので、幼児が踊りながら覚える曲として、いいですね。

 

①最初に、bats, spiders, monsters, cats, skeletons, ghosts という単語を、絵をみながら練習してから、

 

②例えば、Fly, fly, fly, little bats という歌詞だったら、両手をコウモリの翼のようにして、飛ぶ真似をしながら歌います。

 

③このときに、教えるほうがはっきりした動作、はっきりした歌い方じゃないと、子どもに分かりづらく、子どもはすぐ飽きてしまいます。

 

教える立場だと、自分が「動作しながら」「英語で」「子どもができてるか確認しながら」「こどもの様子を見ながら」「楽しそうに」やらなければ、子どもに伝わらないので、結構、事前練習が必要なんですね^^。

 

だから、英語講師していたときは、スクールで授業しに行く前に、家で、英語の歌を歌いながら、子どものお遊戯練習を、真剣にやっていたものです。ちょっと可笑しいですけど。

 

歌詞が6種類あるので、そのうちの2つとか、3つとか、選んでやってもいいですね。

 

同じように、動作をつけながらできる曲として、

 

44番の Halloween Night をあげておきます。これにも、上記の曲と同じような動詞の英語、creep, stomp, dance が入っていますね。

 

歌詞だけかえたハロウィーンソング

 

 3番 Spooky Loo

Looby Looの曲のハロウィーンバージョンです。

明るいLooby Looと違って、ちょっと怖い感じの曲になっています。

 

 

21番 Little Witch

きらきら星のメロディーです。イラストに描いてあるように、魔女がほうきに乗って月に向かって飛んでるよ、肩の上には黒猫、帽子にはコウモリをぶらさげて、といったないようです。

 

お子さんや、お家の方が気に入った曲を見つけて、ちょっとした時間に口ずさめるようになると楽しいですね。