おうち英話

英語が小学校で必修化?! 0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るためのヒントを紹介!

英語は、声に出して、音読しまくりましょう!

こんにちは。

先週、私の中学時代からの英語学習を書きました。↓

NHKラジオの基礎英語と中学の教科書でかなり会話の学習できます。 - おうち英話


お金をかけず、独学でここまでこれたのも、ただただ「音読」しまくったのが、基礎になっていると、改めて思いました。


学校では、音読の練習はやった記憶がないし、習った記憶もない。


「勉強の仕方」を知っているか知らないかで、雲泥の差がつくというのに…。


ということで、今日は、「音読」の練習のやり方を書きます。


是非、お子さんと実践してみてください。


私は、これで英語が上手になりました。


これをしてなかったら、今の自分はないです。お金かからないのに効果絶大です!(英語学習にお金はかけないと言うのが、私のモットー)


以下は、自分がいつもやっていたやり方です。やり方のネーミングは私が勝手にしました。このほうが、分かりやすいかなと思って。


同じようなことは、英語の学習法の本に、よく書いてあるので、ご存知の方も多いかと思います。


1.止めて読み

自分が一息で言えそうな範囲でCDの音声を止めて、繰り返していってみる。

例)CD: Once upon a time, (音声止める!)

       自分:Once upon a time,

      CD: a woman (音声止める!)

      自分: a woman 

   CD : made a gingerbread man(音声止める!)

      自分:made a gingerbread man


これを何度かやって、まあ、同じように言える様になったなあ、と思ったら、


テキストを見ないで、同じようにやってみる。音声を止めるときの真剣さが増します。

 

2.追っかけ読み。


1.ができたら、これに進みます。


これは、同時に読むのではなく、ちょっとだけ遅れて読みます。


聞こえてくる英文を、後から追いかけて読みます。


上記の例文でいうと、冒頭の「Once」が聞こえたらすぐ出発しましょう。最初は英文を見ながらでもよいです。慣れてきたら、テキストなしで耳だけで聞いて行います。


ここら辺で、ちょっと口の周りが痛くなってきませんか?休憩しながらでもかまいませんよ。

 

3.同時読み。


文字通り、音声とまったく同時に読みます。できるだけ抑揚を同じにして読みます。


テキストを見ながら出来たら、今度は、見ないでやってみます。


私は中学のとき、教科書のほとんどすべての英文は、テープ(当時はテープしかなかった^^;)と全く同時に言うことができるくらいになってました。

 

私は、いまでもこの方法で練習しています。


NHKラジオの「ビジネス英会話」で、上記の2の追っかけ読みと、上記の3の同時読みをしています。


今は休業中ですが、メンテナンスはしておかないと…と思います。