おうち英話

英語が小学校で必修化?! 0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るためのヒントを紹介!

NHKラジオの基礎英語と中学の教科書でかなり会話の学習できます。

こんにちは。色々な教材を紹介させていただいていますが、今日は、一番経済的と思われるセットをご紹介!


中学校の英語の教科書と、


NHKラジオの基礎英語。


そしてそこに発音に特化した教材を1つ加えるだけ(発音に特化した教材については、こちらを参照してください↓)

bluedaisyday.hatenablog.com

 

実は、この、

「教科書」

NHKラジオの基礎英語」

「発音練習のカセットテープ」


の3種類で、私は中学時代に、自宅学習のみで、英語の基礎を築いたと思います。中3のときに、初めて英検というものを受けて合格し、面接でも、試験官の反応からみて、とてもよくできたと思います。


中学時代は、日ごろから自分なりに考えて英語の練習をしていたため、期末などのテスト前に英語は勉強ほとんどしませんでした。


高校時代は、先生に進められて英語弁論大会にでたら、地区優勝しました。


授業中には、先生の英文の間違いをよく見つけて指摘していたので嫌われていました(やな生徒~)。独学で英検2級とりました。


大学に入学して、1年のときに、英検準1級を独学でとり、英会話の授業のときは、先生方から、どの国で英語を勉強してきたの?と聞かれるようになりました。

それから、卒業後、英検1級、toeic985もとりました。今は、NHKラジオのビジネス英語を聞いています。


留学経験はありません。

英会話スクールもいってないです。


ということで、お金をかけたくない場合は、お金をかけずに習得した私の方法を紹介したいと思います。

 

1.(私は中学からでしたが、できれば、小学校高学年頃には始めていると良いと思います。)発音練習をCDやDVDを使って、同じ音が出せるように練習する(上記で紹介)


2.中学に入ったら、英語の教科書のCDを購入し、CDをききながら、なるべく同じように発音してみる。私の場合、教科書の英語の発音練習しているうちに、ほぼすべて丸暗記しました。


3.教科書だけだと、量的に全然足りないので、毎日ラジオ基礎英語をきいて、気に入ったものを、どんどん暗記していく。

 

音読、音読、音読、そして、状況や場面を想像しながら、音読した結果、暗記してしまった英文や台詞を言ってみる。


練習しすぎて、口の周りが筋肉痛になるくらいやってみてください。どのくらいの時間だと口が痛くなるかな?と試してみるのも良いでしょう。


そして大学に入ったら、外国の学生さんを見つけて、お友達になってどんどん英語で会話していきましょう。


ここからが、英語の基礎力を使って、実践が始まります。話のネタがないと会話が続かないかも知れません。沢山、色んな体験を積んだり、本を読んだりして、面白い話が出来るようにしておきましょう。


中学生のお子さんがいらっしゃったら、今からでも、この方法試してみてください。少しでも、お子さんの英語の学習の助けになったらうれしいです。