おうち英話

英語が小学校で必修化?! 0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るためのヒントを紹介!

アルファベットの文字学習はいつから?-小学生編ー

小学校に入ったら、文字を書く練習を始めましょう

 

前回は、幼児期のアルファベット文字学習について書きました。今回は小学生のアルファベット文字学習について、経験をもとにまとめてみます。

 

①小学校低学年

●英語を学習するのが初めての場合

英語の音を聞き取る練習と、文字の練習が同時スタートになります。アルファベット文字は1年間で、見て分かる、書ける、ようになると良いでしょう。以下のような順番でやってみてください。

 

1.定番のABCソングからはじめましょう。なんとなく聞いたことがある、から、最後までしっかり歌えるようにします。

2.アルファベット表などを見ながら、歌っているアルファベットをタッチしていきながら、歌います。(アルファベットの形と、アルファベットの順番を確認する)

3.A~Zのアルファベットのカードを順番に並べられるようにする。または、A~Zを順番につなげていく。(これについては、「Dot-to-Dot」 というテキストがあります。これもキッズマートのオンラインストアで手に入ります。子どもが夢中になるおもしろい教材です。)

4.3までできるようになったら、実際に書く練習をする。(本屋さんで選んでもいいですし、キッズマートのオンラインストアでも購入できます。)

5.小文字については、大文字と小文字がセットになったカードで、ペアを作る練習をしてから、テキストで書く練習をする。

 

●英語をすでに始めている場合

今までに英語絵本などで、なんとなく文字に慣れてきているので、上記の3か4の方法からはじめるとよいでしょう。そして、自分が言える単語、自分が言える文章を、書いてみる日を決めて、週に1回10分くらいの短い時間でよいので、テキストを見ながら書き写してみるとよいでしょう。

 

②小学校高学年

●英語が初めての場合

小学校低学年の、英語が始めての場合と同じプロセスですが、短期間で習得できるでしょう。

●英語をすでに始めている場合

この場合は、もう単語や文章も書ける様になっていると思うので、さらに英語力を高めていくための一つの方法として、「自分だけの英語ノート」をつくって、自分の好きなこと、興味があること、に関する単語をどんどん増やしていきましょう。例えば、音楽が好きだったら、楽器の名前を、知ってるだけ英語にしてみる、理科が得意だったら、ビーカーとか、星座、とか教科書にでてくる言葉を片っ端から英語にしてみる。将来英語を使う環境で仕事をするとき、雑談も重要です。自分は、こういうことが好きで、こういうことに興味をもっていて、と話のネタを多く持っておくと、自分のことを回りに理解してもらいやすくなります。