元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【CD・チャンツ】小学生の英語口慣らし学習におすすめ。松香フォニックスの「 I like coffee I like tea」

今回、紹介するCDは、松香フォニックス出版の、「I like coffee I like tea」です。

 f:id:bluedaisyday:20180516075608j:plain

私が松香フォニックスの出版社まで出向き、CD教材を色々聞かせていただいて、最終的にこのCDに決めた、イチオシの小学生向けチャンツなんです!

 

英語のチャンツや歌が26こ収録されています。

 

音も良くて、聞いていて疲れないので、家ではかなり聞き流しCDとして、BGMとして流していました。我が子はこれがとても気に入っていて、一番リクエスト回数が多いです。

 

 

チャンツというのは、「言葉遊び」です。

 

言葉とリズムを結びつけたラップのようなものの子ども版とでも申しましょうか。

 

それぞれの言語には、それぞれ特有のリズムがあります。

 

英語のリズムを小さいときから聞いたり口ずさんだりして、慣れておけば、

 

英語の音にも慣れますし、

 

長期的視野で見ると、例えば、中学生になり、英検テストなどのリスニングが比較的聞き取りやすいとか、新出単語の音も、覚えやすくなります。(それまで英語学習は続けていないといけないですけどね。)

 

CD教材のときは、まずは最初に沢山聞くことが大事ですので、これも何度も何度もきいてください。食事のとき、お風呂のとき、1人で室内遊びしているとき(電車遊び、お絵かきなど)、細切れでよいので、スキマ時間を見つけて一緒に聞いてみましょう。

 

少しずつ、気に入った部分がでてくると、そこだけピンポイントでマネをしたりし始めるでしょう。そうすると少しずつ口ずさめるチャンツがでてきます。

 

低学年ならまだかなり同じように発音できますよ。

 

 さて、26こ全部がお勧めですが、いくつかご紹介します。

 

「Acca bacca soda cracker」(10番目、26ページ)。順番を決めるときの言葉です。家族でゲームなどをする際に、順番をきめるときに使うと楽しいですね。

 

「Tomatoes, lettuce」(22番目、50ページ)野菜のチャンツ。野菜を沢山食べよう!という意味のチャンツです。トマトとレタス以外の野菜を、同じリズムで、もやしなど、自分の好きな野菜を調べてチャンツをつくると楽しいですね。

 

「Just like something」(26番目、58ページ)。ちょっと文法の話になってしまいますが、このチャンツでは、中学2年生でならう、「比較級」という文法が使われています。

 

中学生になったときに、あ、あの歌に出てきた!昔から知ってる!と思うと自信にもなりますし、文法が身近に感じられると思います。

 

音に慣れているので、慣用句や熟語も覚えやすくなります。

 

 全部のチャンツが言えるようしようとすると大変ですので、いくつかお気に入りをきめて、CDが流れてきたら一緒につい口ずさむ、というところまでできると良いと思います♪。

 

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)