おうち英話

英語が小学校で必修化?! 0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るためのヒントを紹介!

英語絵本、どうやって使えばいいの?

子どもがBrown Bearって読み始めた!

こんにちは。

今日は、読み聞かせ英語絵本の定番中の定番、

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?の紹介です。出版社は松香フォニックスという、この会社の存在なくして児童英語は語れないくらい有名なところで、オリジナルCD付き!このCDがまたかなりお勧めです。後日詳しく説明します。

 講師をしてたときに、4歳のプライベートのお子さんに、レッスン教材として使っていました。そして、我が子にもそのくらいの時に使いました。1歳くらいからでもいいですね。動物と色がメインですから。も~、絵もきれいだし、一生懸命食い入るように絵本を見る子どもの瞳もかわいいし、大人も胸キュン幸せな気持ちでいっぱいになれます。 

まずはCDを聞きながら読む

  この絵本とCDの使い方としては、英語が出来るお母さんも、そうでないかたもCDのトラック1の「ストーリーを楽しみましょう」を聞きながら、ページをめくっていきましょう。効果音もはいっているので、ぐーんと雰囲気がでます。お子様がもう一回~、とリクエストしてきたら、何度でも一緒に聞きましょう。

CDに合わせて音読。でも強要はしない。

 そのうち幼児だったら、自分から読み出すでしょうし、聞くだけに飽きたら、CDと一緒に音読してみましょう。このとき、お母さんの発音が上手じゃなくても大丈夫ですよ。なぜか子どもは、CDのほうの発音が正しいと判断してそちらのほうを選んでマネするんですよね~^^;。ほんとにこれは不思議だなーといつも思うのですが、お母さんの英語は、スルーしちゃうようにできてるのかしら…と思うほど、CDの英語のほうをマネします。そのうち子どものほうが、全部覚えちゃって、ページをめくる前に、blue horse! とか、yellow duck! とか次に来る動物を言うようになるようです。ページをめくるときの工夫として、次に何がでてくるかなーというように、ゆっくりめくってじらしてみると、よりテンションあがるようです。

 子どもによっては、声に出すようになるまで時間のかかるお子さまもいらっしゃいます。でもあせらないでください。声に出すようになる時期は個人差がありますから。声に出す量=知ってる量、聞いた量、ではないんです。知ってても、聞いたことあっても、は~、なるほど、と心の中では納得し、ただ言わないだけ。まずは沢山聞かせることが大切です。

「読み聞かせ」の時間以外にもCDをかけておいてもいいですね。寝付かせのとき、お風呂のとき、1人遊びしてるとき、お家の中の滑り台などの遊具で遊んでいるとき、気が散らなければ、食事のとき。ただ、お子様の気が散るようだったり、嫌がるときは、CDはとめたほうがいいですね。

  次回は、読み聞かせを上手に利用する方法です。