元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

小学校英語は「役に立つ」?ー発音編ー

「英語の発音を練習する」のが大切と思っていない?!

こんにちは。皆さん、一昨日2017年6月20日の日本経済新聞の記事「小学校英語は「役立たない」中1の5割、調査に回答」、という記事をご覧になりましたか~?ベネッセ教育総合研究所が調査がしたんだそうです。これを読み、色々と思うことを書きたいと思います。


調査によると、ざっくりいうと、小学生のときは、英語の授業が役に立つと思ったけれど、中学に入ると、そう思う子は減る、んだそうですよ。


今日は、「発音」に注目してみました。


「発音をきれいにする」ことが英語を勉強する上で大切なことだと思うと答えた小6が50.4%だったのにくらべ、中1になると29.0%と21.4ポイントも下がったそうです。


思うに、その理由のひとつは、


そもそも中学の英語の授業で発音練習なんて、やらないからではないかと思います。


大切なことなのに、生徒たちが大切だと思わないということは、学校の先生もカリキュラムも、発音練習を大切だと認識していないと、推測します。


次に、中学1年というと、11歳、12歳。ハッキリ言って、練習しないと、英語らしい発音は身に付かない年齢です。


できないのがだんだん自分なりに分かってきて、あきらめているのかもしれません。


でも本当は上手になりたいと思っているハズ。なのに、練習ができない。


なぜか。


それは、中学では発音指導がほとんどないから


発音指導の良い教材がないか、あっても授業では使わないし、だから、自宅学習したくても、教材の情報は学校からはないから


発音の練習に割く時間が無いから


思春期真っ只中の中学生は人前では恥ずかしくて積極的にやらないから。


ないないづくしですね~^^;。


小学校のときは、外国の先生が一生懸命、大げさに発音して、指導するんでしょうね。


楽しい授業にしようとがんばっているんでしょう。でも、中学はもう文法やリーディング中心になるし、子供たちも、発音練習には抵抗を感じるようになるのでしょう。

 

中1から英語の発音の練習をはじめるとしたら、毎日、数分でもいいから、発音の練習に時間を割く、くらいの覚悟が必要なんですよね。野球の素振りと同じです。


知り合いで、中学1年のときに、親の都合でアメリカにに移り、毎日アメリカ人の家庭教師から、2時間、発音のみの練習をさせられたそうです。


先生が厳しくて泣きながら練習する日もあったそうです。でも先生は、手を緩めなかった、なぜなら、そのくらいしないと、しばらくアメリカで暮らすのに、きちんと発音できなかったら、本人にとって良くないから。


私も、中学に入ってから英語を始め、発音練習にはかなり時間を割きました。


おかげで教科書を音読するときは、英語の教科書の音声教材とほぼ同じ発音だったと思います。その練習法については、また後日書くつもりです。


10年以上英語教育に関わっている私としては、日本では、きちんとした発音を身に着けるには、小学校、中学校は全くあてにはできない、というのが正直な感想です。

アルファベットの文字学習はいつから?-小学生編ー

小学校に入ったら、文字を書く練習を始めましょう

 

前回は、幼児期のアルファベット文字学習について書きました。今回は小学生のアルファベット文字学習について、経験をもとにまとめてみます。

 

①小学校低学年

●英語を学習するのが初めての場合

英語の音を聞き取る練習と、文字の練習が同時スタートになります。アルファベット文字は1年間で、見て分かる、書ける、ようになると良いでしょう。以下のような順番でやってみてください。

 

1.定番のABCソングからはじめましょう。なんとなく聞いたことがある、から、最後までしっかり歌えるようにします。


2.アルファベット表などを見ながら、歌っているアルファベットをタッチしていきながら、歌います。(アルファベットの形と、アルファベットの順番を確認する)


3.A~Zのアルファベットのカードを順番に並べられるようにする。または、A~Zを順番につなげていく。


(これについては、「Dot-to-Dot」 というテキストがあります。これもキッズマートのオンラインストアで手に入ります。子どもが夢中になるおもしろい教材です。)


4.3までできるようになったら、実際に書く練習をする。(本屋さんで選んでもいいですし、キッズマートのオンラインストアでも購入できます。)


5.小文字については、大文字と小文字がセットになったカードで、ペアを作る練習をしてから、テキストで書く練習をする。

 

●英語をすでに始めている場合


今までに英語絵本などで、なんとなく文字に慣れてきているので、上記の3か4の方法からはじめるとよいでしょう。


そして、自分が言える単語、自分が言える文章を、書いてみる日を決めて、週に1回10分くらいの短い時間でよいので、テキストを見ながら書き写してみるとよいでしょう。

 

②小学校高学年


●英語が初めての場合


小学校低学年の、英語が始めての場合と同じプロセスですが、短期間で習得できるでしょう。


●英語をすでに始めている場合


この場合は、もう単語や文章も書ける様になっていると思うので、さらに英語力を高めていくための一つの方法として、「自分だけの英語ノート」をつくって、自分の好きなこと、興味があること、に関する単語をどんどん増やしていきましょう。


例えば、音楽が好きだったら、楽器の名前を、知ってるだけ英語にしてみる、

理科が得意だったら、ビーカーとか、星座、とか教科書にでてくる言葉を片っ端から英語にしてみる。


将来英語を使う環境で仕事をするとき、雑談も重要です。


自分は、こういうことが好きで、こういうことに興味をもっていて、と話のネタを多く持っておくと、自分のことを回りに理解してもらいやすくなります。

 

 

アルファベットの文字学習はいつから?ー幼児編ー

小学校入学前は、大文字にとどめておきましょう。

 

前回、書いて消せる練習帳を紹介しましたが、アルファベットの文字学習の導入について、私の経験をもとに、どの時期に何を練習させたらよいか、をまとめてみました。これを知ってるか知らないかで、お子さんのこれからの長い英語学習が変わってきます。

①幼稚園入園前まで

英語を0歳から聞いているお子さんでも、アルファベットは、アルファベットソングを歌うくらいでいいです。文字を教えていけないことはないですが、「A」とか「B」を教えるより、「動物」、「色」、「身の回りのもの」で、幼児が理解できるものを、CDやDVDなどを利用して英語の音で聞くことのほうに時間をさいてください。ネイティブ講師の生の英語でなくても(近くに英会話教室とか、サークルがあればいいですが、それも毎日は無理ですね。)、CDとかDVDの音声でいいです。子供は本当にいつの間にか吸収してしまいます。

②幼稚園の間

この時期も、やはり、英語学習歴に関係なく、一番時間をかけたいのは、英語を「聞く」ということ。これはこの時期が一番効果的ですから。ですので、アルファベットは、「大文字が、見て分かる」程度、つまり、「A」が「エィ」だと分かるだけでよく、書けなくてもいいです。小文字は、d、b、pのように似ているものもあり、幼児にとっては認識すること自体まだ難しいので、むしろ教えないほうがいいと思います。

 

そうは言っても、他のお子さんが出来てると焦るものですね^^;。そういう時は、おうちの方の考え方を変えてみましょう。今の時期にできる文字学習には限りがあり、薄っぺらいものです。それに対して、英語をきかせることは、いわば、良い土作りです。後から、ぐんぐん植物が成長するために、今は良い土作りに時間と労力をかけていきましょう!

ですから、文字学習は、遊びのひとつとして、前回紹介させていただいた、書いて消せる練習帳に、大文字を書くくらいでよいです。

 書いて消せる、というだけで、喜びますね。ペンを持たせたら、アルファベットどころか、グチャグチャ〜っ、グルグルグル〜、なんて遊ぶだけになってしまっても、叱らずやらせてあげてくださいね。遊んでいるようで、実は、教材を見ているので目からアルファベットの情報は入っていき、形は分かるようになってきます。この時期は、すべてが遊びで、すべてが学びなのでしょうね。

幼稚園時代に、アルファベットの半分くらい分かるようになっていれば大丈夫です。入学したら、日本の子供は、ひらがな、カタカナ、漢字、の練習で鍛えられますから、アルファベットなんてすぐできるようになるので、幼児時代に時間かけたら、もったいないです。書く練習をする時間があったら、その分を英語絵本のCD、ORTyoutube、などを使って英語を聞かせてあげたほうが、効率的です。現在小学4年生の我が子にも、幼稚園の間は、文字学習に関しては、その程度しかしていませんが、いつの間にか、自宅学習教材が、色々読めるようになっています。

次回は、小学生編です。

 

 

初めてのアルファベット練習帳

書いて消せる!

こんにちわ。今日は、小さいお子さん向けのアルファベット練習帳、「Wipe-Off My Alphabet Book」を紹介します。

 

f:id:bluedaisyday:20170619124752j:plain

 

この本は、ホワイトボードのように、かいて消せます。見た目は幼児向けですが、小文字と大文字両方の練習ができるので、小学校低学年でも十分使えます。同じアルファベット同士を線でつなぐ、などのアクティビティも沢山あります。

おうちの方が、でてきた単語の読み方に自信ががなかったら、例えば、「kite」の発音を知りたかったら、

「kite 発音」と入力すると、Webioなどの辞書のページがでてるくので、音声のアイコンをクリックすれば、発音が聞けます(^o^)。お子さんと一緒に聞いてみてください。

私は輸入教材も扱うKIDS MART(キッズマート)で購入しました。KIDS MARTオンラインストアから入るか、紙のカタログを請求して(KIDS MART 0120-815-873)、電話でも注文できます。

このカタログには、輸入教材、かわいい英語絵本、ピクチャーブック、DVD、そしてかわいいご褒美シールなどなど、見てるだけで英語が好きになる^^?カタログです。

小学校低学年くらいまでは、少しでも多く「英語を聞く」時間にあてたほうがよいのですが、どうしても書く練習をさせてみたい方や、お子さんが欲しがっている場合には、おうち遊びのひとつのレパートリーにもなるので、ご興味あるかた、使ってみてください。

 

 

こんなABCソングはいかが?

 一味違うアルファベットソング

こんにちは。今回は、CD付き「Chika Chika Boom Boom」を紹介します。


え?アルファベットと関係あるの?と言いたくなるタイトルですよね。


でも、アルファベットはは全部含まれています。


ABCDEFG~、という、定番ソングに飽きた人で、もっとおもしろいのはないかと探している方にはよい教材だと思います。


中身は、


A told B, and B told C, "I`ll meet you at the top of the coconut tree." と始まって、


最後は、A~Zまでココナッツの木の上に上っていくけど、あらら~、みんな落ちてきちゃった、というかわいらしい内容です。テンポ良いチャンツです。

 

年中、年長さんから、小学校低学年くらいまでにお勧めですが、


英語を話すための筋肉を鍛えるという意味では、大人まで使えます。


英語初心者の小学校高学年以上には、ちょっと音をききとったり真似たりするのは難しいかもしれません。

 

私が数年前に購入したものには、CDの内容が書いている紙もないし、もちろんCDにもかいていない!


結局自分で書き出したので、その各トラック番号と、内容を書きます。

 

1 CDの紹介(英語のみ)


2 レイ・チャールズによる朗読(読んでるだけでも音楽に聞こえる!心地よい~。)


3 レイ・チャールズによる朗読(ページをめくる合図の太鼓?の音が独特♪)


4 子供の声による朗読(リズムに合わせて)


5 大人の声による歌(ほんわかした音楽)


6 ジョン・アーシャンボー(作者の1人)のお話(英語のみ)


7 ジョン・アーシャンボーのチャンツ(英語のみ)


8 なわとびするときのチャンツ


9 もうひとつチャンツ


10 パーカッションのリズムのみ(これに合わせて自分で歌えということか?)


11 またまたジョン・アーシャンボーのお話


12 子供の声でアルファベットを逆からリズムに合わせて歌う


13 Chika Chicka Boom Boom」を、別の音楽に載せた歌

 

絵本の内容が録音されているのは、トラック番号2,3,4,5,13だけで、


あとはスクリプトはありません…。ですので、他のトラックは、私のリスニング強化として使いました。


うちでは、リピート機能で4番だけ何度も聞いていました。


やっぱり、Chikia Chika Boom Boom もこどものほうがはるかに上手~。


意味もあまり分からないだろうに、楽しそうに真似しているうち、気持ち悪いほど同じリズムで口が動くので、子供の英語聞き取り能力のすごさを実感しました。


12歳から英語を始めた大人にとって、


英語を聞いてまねるという作業は、


日本語の音の中から、この英語の音に一番近そうな音を、なんとかつくりだして、


きいてまねることしか出来ないけれども、


子供の場合は、丸ごとそのまま英語の音をきいて真似ることができる、のがすごいですね。


ちょっと難しいけれど、


音楽が好き、ちがうABCソングを歌ってみたい、という方は試してみてください。


レイ・チャールズの声も、ジョン・アーシャンボーの声も、聴いてて素敵で癒されます♪

 

英語の多聴多読教材の定番はオックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)

英国の8割の小学校で採用

こんにちは。今回ご紹介するのは、Oxford Reading Trees Seriesです。

 

うちの子どもは、これのお話とイラストに釘付けで、どんどん引き込まれていくぅ~、という状態です。

 

他のお子さんにも読み聞かせをしたことがありますが、目をキラキラさせて、聞いていました。子どものツボにはまる教材なのでしょう。

f:id:bluedaisyday:20180309092044j:plain

 

 2018年現在、うちでは、小学5年生の子どもは、ステージ3を使っています(写真)。

 

シリーズもので、レベルが10あり、パックごとに販売されていて、1パックに絵本が6冊とその音声CD(ほとんどのCDにイギリス英語、アメリカ英語両方が収録されている)がついています。

 

英語の音声に慣れ、絵本を見ながらお話を楽しむことができます。

 

日本の私立小学校でも使っているようです。子どもをひきつける、ユニークで面白いイラストとストーリーになっています。

 

各レベル(ステージ)と年齢は以下のようになっています。

 

ステージ1・・・2歳~幼稚園児

ステージ1+・・・小学生低学年

ステージ2・・・小学校中学年

ステージ3・・・小学校高学年

ステージ4・・・小学校高学年~中学生

ステージ5・・・中学生以上

 

子どもが年長さんのときにステージ1+を購入。

 

 レベル1+では、各ページにでてくる文の中には、一番長い文章でも、6つの単語しかありません。

 

英語でなんと言っているのか分からなくても、だいたい絵を見たら分かります。

 

 私はこのようにして使いました。

1.絵本の表紙を見せる。(どんなお話かな~?)

 

2.CDをかけて、それに合わせて絵本をめくっていく(子どもはすでに絵に釘付け^^;。とくに、毎ページにでてくるなぞのおじさんがいたりして、それに夢中…。)

 

3.もう一回聞いてみたそうだったら、またCDをかけてきく。

 

4.終わったら、絵本だけ開いてみて、知ってる単語を探してみる。

 

5.何日かCDを聞いたら、CDに合わせてなんとなく読み始める。

 

こんな感じでやってみて、お子さんもつられて音読始めたらしめたもの。

 

「へぇ~、●●ちゃん、言えるのぉ?」と沢山褒めてあげてください。(というか、自分より上手なので、心から、褒めれますよ。)

 

セットの中の他の5冊も、同じようにして一緒にストーリーを楽しみましょう。

 

完璧に全部言わせようとせず、少しでも英語が口からでてきたら、すごいね!と喜んでください。

 

うちの子どもは、レベル1+の中の、「Look at Me」 が好きでした。

 

ある日、おばあちゃんがその絵本を読んであげるよといって、娘に読んで聞かせてくれたのですが、おばあちゃんが、

 

Look at meを思い切り「ルック・アット・ミー」と読んだら、

 

「おばあちゃん、そうじゃないよぉ、ルッカッミー(あえてひらがなにすると)、だよ。」と正していました^^;。

 

1パック、3000円以上するので、年に数パック、リーディング教材として、副教材的にお使いになるとといいと思います。 

 

これには、音声ペンもあります↓。こちらもご参考になさってください。

bluedaisyday.hatenablog.com

【CD・チャンツ】小学生の英語口慣らし学習におすすめ。松香フォニックスの「 I like coffee I like tea」

今回、紹介するCDは、松香フォニックス出版の、「I like coffee I like tea」です。

 f:id:bluedaisyday:20180516075608j:plain

私が松香フォニックスの出版社まで出向き、CD教材を色々聞かせていただいて、最終的にこのCDに決めた、イチオシの小学生向けチャンツなんです!

 

英語のチャンツや歌が26こ収録されています。

 

音も良くて、聞いていて疲れないので、家ではかなり聞き流しCDとして、BGMとして流していました。我が子はこれがとても気に入っていて、一番リクエスト回数が多いです。

 

 

チャンツというのは、「言葉遊び」です。

 

言葉とリズムを結びつけたラップのようなものの子ども版とでも申しましょうか。

 

それぞれの言語には、それぞれ特有のリズムがあります。

 

英語のリズムを小さいときから聞いたり口ずさんだりして、慣れておけば、

 

英語の音にも慣れますし、

 

長期的視野で見ると、例えば、中学生になり、英検テストなどのリスニングが比較的聞き取りやすいとか、新出単語の音も、覚えやすくなります。(それまで英語学習は続けていないといけないですけどね。)

 

CD教材のときは、まずは最初に沢山聞くことが大事ですので、これも何度も何度もきいてください。食事のとき、お風呂のとき、1人で室内遊びしているとき(電車遊び、お絵かきなど)、細切れでよいので、スキマ時間を見つけて一緒に聞いてみましょう。

 

少しずつ、気に入った部分がでてくると、そこだけピンポイントでマネをしたりし始めるでしょう。そうすると少しずつ口ずさめるチャンツがでてきます。

 

低学年ならまだかなり同じように発音できますよ。

 

 さて、26こ全部がお勧めですが、いくつかご紹介します。

 

「Acca bacca soda cracker」(10番目、26ページ)。順番を決めるときの言葉です。家族でゲームなどをする際に、順番をきめるときに使うと楽しいですね。

 

「Tomatoes, lettuce」(22番目、50ページ)野菜のチャンツ。野菜を沢山食べよう!という意味のチャンツです。トマトとレタス以外の野菜を、同じリズムで、もやしなど、自分の好きな野菜を調べてチャンツをつくると楽しいですね。

 

「Just like something」(26番目、58ページ)。ちょっと文法の話になってしまいますが、このチャンツでは、中学2年生でならう、「比較級」という文法が使われています。

 

中学生になったときに、あ、あの歌に出てきた!昔から知ってる!と思うと自信にもなりますし、文法が身近に感じられると思います。

 

音に慣れているので、慣用句や熟語も覚えやすくなります。

 

 全部のチャンツが言えるようしようとすると大変ですので、いくつかお気に入りをきめて、CDが流れてきたら一緒につい口ずさむ、というところまでできると良いと思います♪。

 

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)