おうち英話

英語が小学校で必修化?! 0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るためのヒントを紹介!

英語は「勉強」しないで、「練習」しよう!

こんにちは。前回、音読の仕方を書きましたが、お子さんと一緒にやってみていただけたでしょうか?

 

最初のうちは、1日5分でも良いですので、是非習慣にしてください。

 

でも、小学生って忙しいですよね! だから、お風呂の時間、寝る前、食後のリラックスタイム、などのスキマ時間を見つけて、どこで何をするか決めて、歯磨きと同じように習慣がついてしまえば、いいです。

 

音読の材料は、ここのブログで紹介している絵本など、好きなものからはじめていただくとよいでしょう。

 

ちなみに私は、NHKラジオのビジネス英語を聞いた後、覚えたい英文と単語をA4の紙にかきだし、10分ほど、音読練習し、あとは、その紙を、台所の壁、つまり、お皿洗いなど、口と耳があいているスキマ時間に、音読しています。

 

英語の音読は、小学4年生にはスタートさせたほうがよいですよ。中学生になった時点で、英語は音読して練習する習慣がついているのが理想なので、それまでに、音読練習はマスターしておきましょう。

 

あと、小学4年くらいまでだと、個人差はありますが、あまりあれこれ考えずに、素直に英語の音まねができる、というのもありますね。

 

うちの場合は、小学生4年生の子供には、チャレンジイングリッシュででてきた英語を紙に書いて、英語の台詞フラッシュカード(といっても、A4のただの白い紙を半分に折って、片面に英語をかいただけ↓)を作り、夜寝る前に一緒に音読します。

f:id:bluedaisyday:20170914111556j:plain

安上がりで、手軽に書けて、間違ったらメモ紙にすればよい!

子供の英語講師をしていたとき、英検対策の授業準備をしてて、思いついた教材です。

これを、ジャンジャンめくっていって、ジャンジャン読ませる!そしたら、さすが小学生!みるみるうちに覚えて、順番まで覚えてしまい、私がめくるより先に、どんどん先に音読していってました。小学生で、英検5級、4級は、殆んど合格していきました。

この、安上がり、兼、簡単な方法で、皆さんのお子さんの英語力が伸びればうれしいです!是非、英語の音読練習、やってみて下さい!

 

英語は、声に出して、音読しまくりましょう!

こんにちは。

先週、私の中学時代からの英語学習を書きました。↓

NHKラジオの基礎英語と中学の教科書でかなり会話の学習できます。 - おうち英話


お金をかけず、独学でここまでこれたのも、ただただ「音読」しまくったのが、基礎になっていると、改めて思いました。


学校では、音読の練習はやった記憶がないし、習った記憶もない。


「勉強の仕方」を知っているか知らないかで、雲泥の差がつくというのに…。


ということで、今日は、「音読」の練習のやり方を書きます。


是非、お子さんと実践してみてください。


私は、これで英語が上手になりました。


これをしてなかったら、今の自分はないです。お金かからないのに効果絶大です!(英語学習にお金はかけないと言うのが、私のモットー)


以下は、自分がいつもやっていたやり方です。やり方のネーミングは私が勝手にしました。このほうが、分かりやすいかなと思って。


同じようなことは、英語の学習法の本に、よく書いてあるので、ご存知の方も多いかと思います。


1.止めて読み

自分が一息で言えそうな範囲でCDの音声を止めて、繰り返していってみる。

例)CD: Once upon a time, (音声止める!)

       自分:Once upon a time,

      CD: a woman (音声止める!)

      自分: a woman 

   CD : made a gingerbread man(音声止める!)

      自分:made a gingerbread man


これを何度かやって、まあ、同じように言える様になったなあ、と思ったら、


テキストを見ないで、同じようにやってみる。音声を止めるときの真剣さが増します。

 

2.追っかけ読み。


1.ができたら、これに進みます。


これは、同時に読むのではなく、ちょっとだけ遅れて読みます。


聞こえてくる英文を、後から追いかけて読みます。


上記の例文でいうと、冒頭の「Once」が聞こえたらすぐ出発しましょう。最初は英文を見ながらでもよいです。慣れてきたら、テキストなしで耳だけで聞いて行います。


ここら辺で、ちょっと口の周りが痛くなってきませんか?休憩しながらでもかまいませんよ。

 

3.同時読み。


文字通り、音声とまったく同時に読みます。できるだけ抑揚を同じにして読みます。


テキストを見ながら出来たら、今度は、見ないでやってみます。


私は中学のとき、教科書のほとんどすべての英文は、テープ(当時はテープしかなかった^^;)と全く同時に言うことができるくらいになってました。

 

私は、いまでもこの方法で練習しています。


NHKラジオの「ビジネス英会話」で、上記の2の追っかけ読みと、上記の3の同時読みをしています。


今は休業中ですが、メンテナンスはしておかないと…と思います。

NHKラジオの基礎英語と中学の教科書でかなり会話の学習できます。

こんにちは。色々な教材を紹介させていただいていますが、今日は、一番経済的と思われるセットをご紹介!


中学校の英語の教科書と、


NHKラジオの基礎英語。


そしてそこに発音に特化した教材を1つ加えるだけ(発音に特化した教材については、こちらを参照してください↓)

bluedaisyday.hatenablog.com

 

実は、この、

「教科書」

NHKラジオの基礎英語」

「発音練習のカセットテープ」


の3種類で、私は中学時代に、自宅学習のみで、英語の基礎を築いたと思います。中3のときに、初めて英検というものを受けて合格し、面接でも、試験官の反応からみて、とてもよくできたと思います。


中学時代は、日ごろから自分なりに考えて英語の練習をしていたため、期末などのテスト前に英語は勉強ほとんどしませんでした。


高校時代は、先生に進められて英語弁論大会にでたら、地区優勝しました。


授業中には、先生の英文の間違いをよく見つけて指摘していたので嫌われていました(やな生徒~)。独学で英検2級とりました。


大学に入学して、1年のときに、英検準1級を独学でとり、英会話の授業のときは、先生方から、どの国で英語を勉強してきたの?と聞かれるようになりました。

それから、卒業後、英検1級、toeic985もとりました。今は、NHKラジオのビジネス英語を聞いています。


留学経験はありません。

英会話スクールもいってないです。


ということで、お金をかけたくない場合は、お金をかけずに習得した私の方法を紹介したいと思います。

 

1.(私は中学からでしたが、できれば、小学校高学年頃には始めていると良いと思います。)発音練習をCDやDVDを使って、同じ音が出せるように練習する(上記で紹介)


2.中学に入ったら、英語の教科書のCDを購入し、CDをききながら、なるべく同じように発音してみる。私の場合、教科書の英語の発音練習しているうちに、ほぼすべて丸暗記しました。


3.教科書だけだと、量的に全然足りないので、毎日ラジオ基礎英語をきいて、気に入ったものを、どんどん暗記していく。

 

音読、音読、音読、そして、状況や場面を想像しながら、音読した結果、暗記してしまった英文や台詞を言ってみる。


練習しすぎて、口の周りが筋肉痛になるくらいやってみてください。どのくらいの時間だと口が痛くなるかな?と試してみるのも良いでしょう。


そして大学に入ったら、外国の学生さんを見つけて、お友達になってどんどん英語で会話していきましょう。


ここからが、英語の基礎力を使って、実践が始まります。話のネタがないと会話が続かないかも知れません。沢山、色んな体験を積んだり、本を読んだりして、面白い話が出来るようにしておきましょう。


中学生のお子さんがいらっしゃったら、今からでも、この方法試してみてください。少しでも、お子さんの英語の学習の助けになったらうれしいです。

うちの子供はチャレンジイングリッシュをやっています。

こんにちは。うちは、自宅でチャレンジイングリッシュを去年から始めました。

(詳しくはこちらのブログを見てください↓)

チャレンジイングリッシュ始めました。 - チャレンジイングリッシュ−効果的な学習法を公開します


ベネッセの会員割引で月約2千円と、安いから…。あと、毎日少しずつできるから。


週1回、高い授業料を払って英会話教室にいっても、グループレッスンだと、自分の番が回ってきて実際に会話の練習するのは、ものすごい短い時間。


もしかしたら、数分もないかもしれませんよ。


それぞれの英会話学校のカリキュラムや指導法にもよりますが。


コミュニケーションの練習をさせたい、外国人と触れ合いたい、という場合は別ですが、英語の練習のためだけに英会話教室に行くのはもったいないと、自分は思います。

 

しかし、教材も、使い方次第。


ャレンジイングリッシュを、子供に丸投げでよいかと言うと、私は反対です。おうちの方も、「ママも練習したい!」などと理由をつけて、一緒に見てるのがよいと思っています。


まず、チャレンジパッドを立ち上げると、お知らせメールなどが開くので、それを読んでるだけで、5分とか過ぎることもあります。


子供は、それを飛ばして、すぐチャレンジイングリッシュを始める、ということが出来ません。つい、読んでしまいます。

 

そして、興味がそれて、他の事をし出します!


(小学講座もやっていると)色んなゲームのコンテンツ、お知らせメール、今日は何の日メール、はたまた図書館から電子本も借りれる、などなど、


余計なものと言ったら失礼ですが、勉強などを妨げるものが沢山沢山あるので、


チャレンジパッドで、ゲームしてるのか、本を読んでいるのか、チャレンジイングリッシュをしているのか、勉強しているのか、親が把握していたほうが、よいと思います。

 

…ということで、うちでは、娘の長~い髪の毛を結っている時間と、チャレンジイングリッシュ2レッスン分が同じということで、


髪を結っている間にチャレンジイングリッシュをさせて、私も髪を結いながら、娘の頭の後ろから、一緒に見る、ということをしています。

 

ャレンジイングリッシュのコンテンツは、基本的にはとても充実していると思います。ただし、同じレッスンを何回か繰り返さないと、定着はしないと予想されます。


どんな教材でもそうですけれどもね。


さらっと流して、やってないよりはマシだよね、にならないように、各レッスンを2,3回ずつ練習することをおすすめします。


うちの場合は、各レッスンででた英文を、フラッシュカードにして、使えそうな英文は、何度もフラッシュカードで練習しています。フラッシュカードには、絵と文と両方書きます。スポンジのように吸収していきます。

小学校でも採用されている英会話教材

こんにちは。今回は、会話の練習教材、英会話たいそう Danshinglish (CD,DVD付き 松香フォニックス出版)を紹介します。


この教材のすごいところは、DVDが付いていて、各フレーズに振り付け(!)がついていて、体を動かしながら練習するところ。


体を動かすことによって、練習している英語の意味が体にしみこみ、効果絶大!


じーっとしてリピート練習するよりずっと英語が身近になります。

英会話たいそう Dansinglish DVD

 

「Hi!」「Bye!」から始まり、こどもがよく使う「ずるーい!」「これおもしろーい」「(教室などで)トイレにいってもいいですか?」といった決まり文句、会話でよく使うやり取り、例えば、「もう用意できた?」「まだだよ。」といった会話をペアにして、96のフレーズが入っています。


 松香フォニックスでは、対象年代を小学5~6年生としていますが、幼児からでも使えます。


私は、英語を教えていたとき、幼児のプライベートクラスで使用していました。


5歳の女の子のクラスでしたが、スポンジのようにどんどん吸収していって驚くほどでした。


これを採用している小学校もあるそうですよ。


独身の頃(10年以上前)、この教材を使った教え方のセミナーに行ったことがあります。


そこで講師をしていた先生は、私が今住んでいるところから電車で数駅しかはなれていない小学校の先生でした。残念ながら、私が住んでいる自治体ではこの教材は採用していません。

 

 外遊びができないような天気のとき、お家遊びのネタ切れのときなどに、是非、このDVDでお子さんと一緒に体を動かして楽しんでください。


音楽も、色んなジャンルを使っていて、聞いてるだけですごく楽しくなるし、ボーカルの男性の声も良く、ずっと聞いててもあまり耳が疲れません。いい音楽なので、自然とCDが流れると歌ってしまいます。

 

私が、CDを選ぶ基準の1つに、音楽が耳に心地よい、というのがあります。


私はテレビを見ると、目より、耳が疲れるといった具合なので、聞いてても疲れない音を常に求めるようにしています。


 夏休み、塾や習い事をしていらっしゃらないお子さんをお持ちのご家庭で、毎日の日課にしてみてはいかがでしょうか?

私のアルバニア語体験

こんにちわ。前回は発音練習に良い教材を紹介させていただきました。


ちょっと話はそれますが、私が大学の教授の秘書をしていたときに体験した、やっぱり発音練習は大事なんだなあ、と感じた話を書きます。


秘書をしていた大学は、工学部だったので、諸外国から学生さんが集まってきます。


大学内を行ったりきたりしているうち、何人かの外国の学生さんと知り合いになりました。


その中に、30歳くらいの、アルバニア出身の男性がいました。


どういうきっかけで、私が彼からアルバニア語を少し教えてもらったのかは、覚えていませんが、多分、珍しいものが好きだった私がお願いしたのだと思います。実験などで忙しい学生さんに、なんとまあ無理なお願いをしたものです!


 彼は、アルバニア語を教えた経験はありませんが、「いいよ。」と一つ返事で、彼が教えてくれることになりました。


 彼は、最初にアルバニア語のアルファベットを書き出しました。


 そして、そのアルファベットの読み方を、ひたすら練習させられました。


それこそ、こうやるんだよ、と、口の形を私に見せて、そして、私にやってみせて、うまくできるようになるまで、同じ「にぇ」みたいな発音を、ずーっとやらされて、私は「早く会話の練習したいのになー。」と思ったのを覚えています。


 でも、きっと彼は、単に、きちんとアルバニア語の発音ができなければ、アルバニア語には聞こえない、という純粋な気持ちで、教えてくれたのだと思います。


 やっと、「にぇ」とか「ちぇ」とか、アルバニア語独特のアルファベットの発音の基礎練習が終わりました。


その後、簡単な挨拶を教えてもらい、それも、きちんと発音できるまで、練習、練習・・・。


でも、彼の指導のおかげで、教えてもらったアルバニア語で彼に挨拶すると、とっても上手!と褒めてもらいました。


一度基礎を練習すると、その後、文章を口で覚えやすくなりました


 英語も、最初に基礎の発音練習をしておくと、後から楽。高校で沢山の英文法、構文、を暗記させられましたが、理屈というよりは、音読しているうち、口が勝手に覚える感じだったので、大量の宿題がでましたが、そんなに苦ではありませんでした。


 彼はその後、結婚式を挙げるため、アルバニアに帰国。私も転職したので、その後会うこともありませんでした。今は、時を越えて「ありがとう」をいいたいです。

英語の発音練習に良い教材

DVDで口の形をみながら発音練習できる決定版!!

こんにちは。発音練習には、実際に英語を話している人の、口の形を見ながら練習ができる、松香フォニックス出版の「DVDでフォニックス ①たいそうでフォニックスがいいです。


ちょっと値段が高めです。アマゾンが一番安いようです(3,660円)。

 DVDでフォニックス (1) たいそうでフォニックス!


英語講師でも知ってる人は少ないと思われます。


私は20年近く前に(その頃はビデオ)、子供英語講師をしていたとき、この教材を知りました。そして衝撃をうけました。


現在のDVDでは、キャストを変えて映像を取り直しているそうです。

 

先日、松香フォニックスに電話で問い合わせたところ、発音している人の口の形がわかるDVDはこれしかないそうです。


残念ながらyoutubeには乗っていません。

 

内容は、英語の基本中の基本の発音の練習です。しかも、それを発音している人の顔(かわいい女の子だから、ボーっと見とれちゃう子もいるんですよ、と、出版社の人。)が映っているから、口をどう動かすかが分かります


英会話スクールのネイティブ講師の代わりです。

 

小学校低学年はまだ耳がいいから、聞いただけでなんとなく発音できるようになりますが、


中学年で、10歳以上のお子さんで、英語は初めて、という場合は、このDVDでまず基本を練習することをおすすめします。

 

私は、自宅で自主学習セット(当時はカセットテープしかなかった!)で発音練習を地道にやっていたおかげで、


中1からのスタートでしたが、高1で、英語の弁論大会で地区優勝するくらいの発音を身に着けました。外国人と話すと、どの国に住んでたの?とか、どの国で勉強したの、と必ず聞かれました。独学だよ、というと皆さんびっくりされます。

 

英会話教室でも、しつこく英語の発音を練習させるところは、あまりないかもしれませんね。


自宅で英語学習をやっていくのであれば、ネイティブ講師に会う機会がないので、こういった視覚教材が必要です。

 

かなり地味な練習にはなりますが、ピアノの弾き方の練習と同じです。楽器と思ってやってみると、少しは楽しくなるかなと思います。