おうち英話

英語が小学校で必修化?! 0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るためのヒントを紹介!

英検受験対策。教材と勉強の仕方。お子さんが受験したい場合。

前回、小学生のうちに英検を受けるメリットはない、と書きましたが、

 

もうすでに、受験の申込をしてしまっていたら…、こんな勉強の仕方をお勧めします。

 

★英語の音に慣れていないお子さんの場合

英語の音になれているというのは、例えば、昔から、英語サークルとか英会話教室に行ってるとか、英語の絵本のCDを良く効いていたとか、英語の歌を今までたくさん聞いたり歌ったりしていた、などとということです。

 

そういうことなしに、「お勉強」として、もし読み書きなどから始めた場合、リスニングで点数が伸びないかもしれません。

 

 英語を一杯聞いてきたお子さんは、リスニング部門がほとんど満点に近いです。

 

リスニングを伸ばすためには、

 

①聞いて分る単語を増やす

②過去問のリスニング部門を3~5年度分を全部やってみる、とよいでしょう。

 

具体的なテキストは

 

①については、ジャパンタイムズの「出る順で最短合格!単熟語」

②については、旺文社の英検の過去問集

 

をするとよいでしょう。「出る順で最短合格!」の5級、4級には、イラストもついているので、小さいお子さんにも分りやすいと思います。

 

過去問は、一度ではなく、最低、3回ずつするとよいでしょう。

 

リスニング力は、一朝一夕にはつきませんが、英検を受験だけの目的であれば、英検の過去問がベスト教材です。

  

★音には慣れているが、英語の音と文字がまだイマイチつながってないお子さんの場合

基本的に、英検は文字が読めないといけないので、この場合も、過去問を一つ一つ丁寧にといていくと良いでしょう。

 

まず、一問解かせます。

答え合わせをします。

答えがあっていても、あってなくても、

その文を、えんぴつなどでなぞりながら、読んでみます。

もし、自信をもって読めない文だったら、何度か、同じ文を繰り返し一緒に音読します。

読めるよになったら、また次の問題にうつり、同じプロセスで、文字と音をつなげていく練習をします。

 

…という、地道な作業をひたすら、過去問でやってみてください。小学生のお子さんだったら、細切れに、ストレスにならない程度でやってみてくださね。

 

リスニング部門については、英語の音に慣れているお子さんでしたら、満点をめざすと良いでしょう。この場合も、リスニングの過去問を3年分から5年分くらい、最低3かいずつ、やってみてください。

 

うちも、そのうち、どのくらいできるか、過去問をさせてみようかと思ってはいますが…、やりたがらないだろうなあ…^^;。

小学生と英検。小学生のお子さんに、英検受験をさせますか?

皆さんは、小学生のお子さんに英検を受けさせたいと思いますか?来月12月にも英語検定試験がありますね。

 

よく、小学生で英検準2級や2級に受かりました!とか

 

塾や英会話スクールなどののチラシに、幼稚園で英検5級に合格!とか、中学生で英検2級合格者○名!とか、見聞きしたことがあると思います。

 

そういうのを見ると、うちも英検受験させなきゃいけない?!って思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。


いいよ、いいよ、受けなくても〜。

 

結論から言うと、私は、自分の子がどれだけ英語ができても、小学生のうちは英検を受けさせたいとは思いません。

 

英検○級を持ってないと、どこどこの学校(特に海外赴任先の学校などでしょうか?)に入れないなど、はっきりした理由がある場合を除いては。

 

逆に言うと、そういう場合を除いては、必要なくないですか。

 

児童英検なんてのもありますが、受けません。(漢検も、受けません。学校でたっぷりやっているから大丈夫では?)

 

理由は簡単^0^! 受験料と時間がもったいないから!


そういう時間があったら、子どもには、自分の好きなことを思い切りして欲しいし、友達と遊ぶとか、家族で出かける時間にしたい。

 

万が一、小学生のお子さんが英検受験が大好きで大好きで、たまらない!っていう時は、過去問をうちでやればいいですよ。

 

今どのくらいの実力があるか知りたい場合も、過去問を家でやればいいですよ

 

しばらく海外に住むことになるから、そのための勉強の一部として、英検の勉強してもいいですね。それも、過去問で十分ですよ。

 

さらに万が一、テスト系が大好きで大好きで、さらに受験会場の雰囲気もたまらなく好きで、楽勝で受かるよ、というお子さんでしたら、

 

きっとそれはもうすでに「趣味」でしょうから^^;、受験をさせてあげましょう。

 

英会話スクールですすめられても、お友だちが英検受かっても、小学生のうちは、英検受ける必要なし!が持論です。

 

実力さえあれば、ちょいと英検の過去問で勉強して、必要なときに受かればよいのです。

 

 小学校で英検をとっても、中学の英語の授業で、レベル別で英語の授業を受けられるわけでもないですね〜。(だから帰国子女のお子さんは、英語の時間は、ちょっとかわいそう…)

 

だから、小学生のうちに英検受験いらないです。


小学生ご本人が英検の勉強と英検受験が楽しいんだったら、おおいに結構なんですよ。

 

まとめとして、本人が挑戦したがってたら、やらせてあげる。


そうでなければ、小学生のうちに英検受ける必要なし、過去問で実力つける、過去問で実力計る、でよし、というのが私の意見です。

英語はリンガ・フランカ。訛りがあって当然。大事なのは話す内容。

昨日の話とは、真逆の話になりますが...

 

リンガ・フランカ(lingua franca)という言葉を聞いたことはありますか?

 

簡単に言うと、「世界の共通語」でしょうか。

 

今、英語が世界の共通語になってますね。

 

でも、世界で、一番話されている言語は、英語ではなく、中国語です。10億人が使用しているそうです。

 

英語は二番目によく話される言語です。5億人が使用しているそうです。しかし、この5億人のうち、半数が、英語が母国語ではない人たちです。

 

もともと母国語ではないので、英語が母国語にひっぱられて、母国語のなまりがあって当然です。

 

インド人が話す英語、フィリピン人が話す英語、日本人が話す英語など、それぞれに特徴がありますが、お互いだいたい話す内容が分れば、多少ききとりづらくても、理解しあうことができると思います。ですから、きれいな英語の発音でなくとも理解しあうことは出来るので、なんの問題もありません。

 

ただ、子どものうちから英語を学ぶよい点は、やはり、耳がよいから、英語の音を上手にマネできるというところにあります。できるだけ、共通語の音に近い音に近づけさせてあげたいものです。

 

●フィリピンは、バイリンガル教育をしています。小さいうちから、英語を普通に見聞きしているので、英語を使用したり、学習したりということが当たり前だそうです。

 

実際、娘が受けているベネッセのチャレンジイングリッシュのオンライントークの先生も、ほとんどフィリピン人のようです。多少なまりがありますが、バイリンガルでしょう。

 

●以前、フィリピン人の20代の方とティームティーチングをしたことがありましたが、彼も流暢なアメリカ英語を話し、バイリンガルでした。小学1年のときから、週に何時間か英語の授業あり、英語で他の教科の授業も受けていたということでした。

 

 

●同じくフィリピンの人ですが、彼女とは、同じくティームティーチングをしたのですが、とにかく、何を言ってるのか、推測すらできないくらいすごい訛りがありました。ミーティングをしても、彼女がしゃべっているけど、その英語の単語すら理解するのが難しく、コミュニケーションがとるのが、大変でした…。そして、お互いあまり話さなくなってしまいました…。

 

●旦那が仕事で外国人と会議をしたとき。

 

「その外国人が何度もさぁ、ドコメント、ドコメントってというんだけど、なんの意味かわからなかったんだけど、なんだと思う?ときかれたので、

 

「ドキュメント(document)」じゃない?と答えると、

 

「え? ドキュメント!? そーなんだ?ドコメントじゃ全然分んないよ。」と主人。

 

その外国人は、インドの人。でも私には、インドの人が話す英語は、はっきりしていて、分りやすいです。

 

 ●最後に、英語が上手な日本人留学生A君から聞いた話。アメリカ留学中のルームメートは中東の学生で、すごい訛りがあるのに、その学生から、「お前の英語は訛ってて、全然下手!オレの英語の方がはるかに通じるぜ。」みたいなことを、堂々とと言われて、唖然としたそうです。そのくらいの「勘違いに近い自信」がうらやましいといっていました。

 

そうです。どうどうと日本人英語で大丈夫!通じなければ、通じるまでがんばればよいし、他の英語で説明しても言いし、分らないアンタが悪いと思ってもいい。英語は、内容を伝える道具ですからね。

 

 ただし、しつこいようですが、子どもに教えるんだったら、大人がカタカナに変換した日本人英語を教えるより、もともとの英語の音で教えたほうが、後々その子のためにはなると、私は思うんですよね。

 

 

 

 

英語にカタカナで読み方を書くのはありでしょうか?

私の意見は、なし、だと思っています。子ども、とくに、言葉の臨界期(0歳~13歳くらいまで)にある子どもに対しては。

 

逆に、カタカナで英語の読み方って…無理がありませんか。日本語にない音もあるので、英語の音を表記できるカタカナを開発しないと(^^;)書けないのではないかと思います。

 

以前、英語本の出版社がだしてた本で、stand by meをカタカナ表記で歌ってみよう!っていうページがあって、stand by me の stand に、確か「スティア~ン」と書いてあって、うわ!かなりがんばってる!と思ったことがありました。主人もそれで歌ってみたら、より英語っぽく聞こえました^^。英語やり直し中の大人になら、使ってもいい技かも、と思ってしまいますが、

 

子どもの脳みそは、どの国にいっても、そこの国の言語を習得できるように、わざわざ柔軟になっていて、外国語の言葉の物まねが、すごく上手です。大人にはマネできません。カタカナをつけて、ちがう発音を教えてしまうのは、マイナスだと思います。

 

実は、娘が通っている小学校でも英語の授業があるのですが、英語といっても、英語で簡単なやりとりをするだけなのですが、

 

娘が「キーセンテンスの上に、カタカナで読み方かいてあったよ。」と聞いて、耳を疑いました。

 

「だって、外国人の先生もいるよね?」

 

「いるけど…。なんでだろうね。だから、because も、ビコーズって書いてあったり、like もライクって書いてあったよ。」ということでした(TT)。

 

 

「英語の発音はどうでもいい。大事なのは中身。通じればよい。」という発想も分ります。

 

でも、それは、ことばの臨界期がはるか昔に終わっている大人に対してであればいいですが、

 

せっかく小さいうちから始めるのに、スタート時点からカタカナ英語だと、子どもが英語らしい音を学ぶ機会がうばわれ、ちょっとかわいそうと思ってしまいます。

 

相手は、吸収力が大人の何倍もある子どもです。せめて小学生に教えるときは、英語の音そのものを練習させて欲しいと思いました。そうでないと、小学生のうちから英語をする利点、なくないですか?

 

英語の音をまねしようと練習するときに得られるもう1つの効果は、

 

聞いたことがない音を、よ~く集中して聞き取ろうとすることによって、日本語とは違う音を聞き取る力もつく、ということがあると思います。

 

1つの外国語をマスターすると、第二、第三の外国語の学習が楽になる、と聞いたことがあります。

 

それは、まず最初は、自分にとって「新しい音」を聞き取って真似をする、という、学習プロセスができてるからだと思います。

 

そこの最初の「よく聞く、上手に真似る」というプロセスを、大切にしていきたいと思っています。

カタカナはそれを妨害してしまうので、くれぐれも、お子さんが小学生のうちは、英語にカタカナをふるのは、避けて欲しいと思います。

英語のクリスマスソングCDその② スーパーシンプルソングズのクリスマスソングCD

今回は、もう一枚、クリスマスのCDの紹介をしたいと思います。

 

Super Simple Songs Christmas  (Super Simple Learning)

f:id:bluedaisyday:20171027102854j:plain

 

先日紹介したCDは、伝統的なクリスマスソング集ですが、こちらは、CDと一緒に練習できて、簡単で、すぐ歌えるようになる曲がありますよ~。小さいお子さんから、大人まで、一緒に練習してみませんか??

 

それで、このCD,色々と面白い工夫がされているんです!

 

特徴① 歌を一節ずつ、リピート練習できる。

 

どいうことかというと、例えば、2曲目の「Jingle Bells」の場合だと、

 

♪Dashing through the snowと一節歌うと、直後に、この部分のカラオケが流れます。

 

あれ?CD壊れた?って一瞬思ってしまいますね~^^;。

 

こういうCDって、あまり聞いたことがないので、始めは、カラオケがいちいち途中で入るのが、歌の流れ的にとっても違和感ありましたが、慣れてきました^^。

 

この歌は歌詞が物語りのようになっているので、「ジングルベール、ジングルベール」っていうサビの部分以外は、単語の密度が濃いので、このように、歌のリピート練習ができるものにしたのでしょう。

 

このようなリピート形式の歌は、2曲目3曲目です。

 

②歌詞が簡単

1曲目は、Helloと1から10までの数字と、いくつかの英単語(reindeer, snowman, santa) ができれば歌えます。

 

最後の12曲目も、グッバイソングで、Goodbyeと, We wish a Merry Christmasと、いくつかの英単語(reindeer, snowman, santa) で歌えます。

 

この2曲はほぼ同じメロディーです。

 

あとは、11曲目。これはこのCDの中で個人的に一番好きな曲ですが、snowflake(ふる雪の一片)と、headなどの身体の部位だけで、簡単に歌えます。

 

この11曲目の一番好きな理由は、歌詞を自由に変えられることです。

 

昔、娘とバス停でバスをまっているときに、近くに花が咲いていたので、この歌のsnowflake を flower に代えて歌ったら、娘がハマりました!

 

面白いので、rain にしたり、pencil にしてみたり。「え、鉛筆が降ってくるの?キャハハハー!」変なことが大好きな幼稚園児にウケました。

 

③カラオケも収録されている

 

12曲が終わると、そのあと全曲のカラオケ版も入っています。

 

上記の2,3曲目は、リピート練習の部分もカラオケではいってますので、カラオケで自分で歌うときも、

 

♪Dashing through the snow の部分も、二回繰り返すことになり、ちょーーーっと間抜けな感じがしますが…^^;。

 

あとすごいのが、

 

④自宅のプリンターで出せる200枚の教材付き!!

感動です!沢山印刷しちゃいました。

f:id:bluedaisyday:20171027103009j:plain

 

歌詞はもちろんのこと、歌と関連する楽しい練習問題が沢山。ピクチャーカードも作れます。

 

いま、このCDのカラオケを流しながら書いているのですが、クリスマスケーキにろうそくを灯した幻想的なときに、このカラオケの好きな曲をかけるのもいいかも!と思いつきました。

 

11月から、街のあちこちでクリスマスの準備が始まりますね。おうちでのクリスマスも楽しくなるといいですね!!

お気に入りの英語のクリスマスソングCD その①

ハロウィーンが終わり次第、うちでは、クリスマスの飾りつけに入ります。

 

毎年手作りしたものを付け加えていきます。クリスマス期間、家中の壁を飾ります。

 

クリスマスツリーのかわりに、100均で買ってきた和紙の包み紙で大きなクリスマスツリーの形をつくり、壁にはり、そこに、手作りのオーナメントをはります。娘が幼稚園に入った年から、毎年作っています。

 

雪も壁に貼り付けます。100均の綿で、ふわっとした球形の雪を作り、そこに銀色のきらきらのりをつけ、ちょっと光らせます。数日乾かした後、それらを壁に、雪が降っているように貼り付けます。

 

毎年クリスマスの飾りつけは違いますが、

 

私が気に入っていて、毎年聴くクリスマスのCDは、これです↓。

 

Chrisitmas Songs (Ladybird Picture Book & CD Set)

 

Ladybird はイギリスの出版社です。

 

2+yearsと描かれているので、2歳以上の子供向けです。

 

本屋さんで、イラストに惹かれて衝動買いしました。(5人のイラストレーターがこの本に絵を描いてます)

 

イラストも素敵ですが、CDも聴き心地が良いので、しばらくBGMとして流していても、耳が疲れません。子供用に、イラストも音も、柔らかく聞きやすいものとなっているのでしょうね。

 

歌詞は、イラストの中に書かれてあるので、イラストを見ながら、歌詞をみて一緒に歌うと楽しいです。

 

 

曲は、

Jingle bells

Santa Claus is comin' to town.

Let it snow! Let it snow! Let it snow!

Rudolph hte red-nosed reindeer

We wish you a merry Christmas

Winter wonderland

I wish it could be Christmas every day

I saw Monny kissing Santa Claus

The twelve days of Christmas

The Christmas song

の10曲です。

 

曲数は少ないのですが、ボーカルが聞きやすい。

 

表紙にはキラキラ素材も使われていて、「キラキラ」ということだけで、娘が飛びつきました。

 

 私は、The twelve days of Christmas をこのCDで初めて知りました^_^;

 

近くの英会話の教室では、この歌にジェスチャーをつけて、全員で歌っていたのを見たことがあります。

 

Jingle bells (ベルは、1つだけではないので、英語のタイトルには、複数形につけるsがついて、bellsとなっています)は、


雪国育ちの私には、はずせない曲。トナカイはいませんでしたが、人にそりを引いてもらって乗りました。

 

Let it snow...も、雪国育ちの私は、故郷を思い出させる曲なので大好きです。


雪が降ってくる空を見上げると、後から後から雪が落ちてきて、そのうち、雪が降ってくるのか、自分が登っていくのか分らなくなる感覚が、子どものときに好きでした。

 

最後のThe Christmas song は、私が中学か高校のときに欠かさず聞いていた、NHKのラジオ英語の中で、アメリカ人の講師が歌ったのをカセットテープ(そういう時代でした)に録音し、何度もきいて練習して、歌えるようになりました。

 

We wish you a Merry Christmasの一番目の歌詞で歌うのが、このCDの中では一番簡単かなと思います。

 

クリスマス期間中は、食事中などに、このCDを毎日のようにかけてます。英語の発音練習代わりに、家事の間も歌います♪

小学生の時から、自分だけのオリジナル英語(絵)辞典を作ろう

うちでは、チャレンジイングリッシュを受講しながら、月1回、オンライントークをする以外に、生活のなかに、数分間の英語タイムを、作っています。

 

その1つが、寝る前に、オリジナル英語絵辞典で単語を増やす時間です。かかる時間は、ほんの数分ですみます。

 

夜、子どもが布団に入った後、時々こういう英語ゲームをしています。

 

子どもが、私に、「...って英語でなんっていうの?

 

「How do you say, "...” in English?」

 

と、思いつきで色々聞きます。

 

それに私が答える、というシンプルなものです。

 

たとえば、今までだと、

 

串団子、藍染、つぶあん、こしあん、餅などなど…。主に食べ物?!

 

どのくらい私が答えられるかな?という、私の勉強にもなります。分らなかったら、調べておくね、とだけ言っておきます。

 

そして、後で、その単語を調べて(ウェブで)、ノートに書きます。出来れば、簡単な絵をかいて、後でお子さんが塗る、でもいいですね。お子さんの好き、嫌い、時間がある、なし、で決めてください。

 

単語の量も、お家の方がどのぐらい時間が取れるかで、決めてください。

 

 

こちらが、うちの子供用のオリジナル英語絵辞典の一頁です↓

 f:id:bluedaisyday:20171013140353j:plain

こうやって、お子さんの好きなもの、興味のあることの単語を増やしていきます。

 

 

英語の会話のテキストででてくる単語は、だいたい決まっています。

 

色、形、文房具、食べ物、動物、家族、季節、身体の部位、学校関係、お店…。こうしてみると、自分が興味のある分野って、ないですね。

 

話は飛びますが、

 

英検1級の二次試験では、その場で5つのトピックが書かれた紙を渡され、そのなかから、1つのトピックを選び、1分でスピーチの内容を考え、その後2分間、英語でそのトピックに関してスピーチしなければいけません。

 

英語力というよりは、どのくらい幅広い知識・興味があり、それらについて英語で話せて、なおかつ自分の意見も言える、という、英語力+知識+話をまとめて、相手に伝える力、が必要でした。

 

このスピーチの勉強をしていたときに、自分の単語力のなさを痛感しました…。英語は単語力だ!とさえ思いました。単語さえわかれば、なんとか文章に埋め込んで、色んな話ができるのに、単語を知らないと話にならない…。

 

そんな反省もふくめ、興味のある単語を増やす、という作業に、小学生のうちから慣れていき、英語のテキストに載ってることしか言えないまま、何年も英語学習を進めるということにならないようにしたいと思っているんです。

 

難しく考えずに、とりあえず、やってみることをお勧めします。

 

週に1回とか、 各ご家庭のペースでやってくださいね。