元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英単語・カード】「レピピアルマリオ小額英単語カード700熟語・会話フレーズつき」で、かわいく復習。

またまた本屋さんで立ち読みして、

こんなかわいい英単語カード見つけました↓。

レピピアルマリオ小学英単語カード700 熟語・会話フレーズつき

レピピアルマリオ小学英単語カード700 熟語・会話フレーズつき

 

 

【対象】

小学校高学年~中学1年くらい

 

音声CDがついてないので、

英語初心者というよりは、

ある程度、基本的なWhat, When, How many などで始まる疑問文など、5級程度の英語が読めて、発音できるお子さん向け。

 

英語にフリガナがふってありますが、

 

ある程度英語が読めて発音できるのであれば、フリガナは無視できますから、気にしなくてよいと思います。

 

ウキウキ気分で、今まで習った英語を復習する、ために使う教材ではないかと思います。

 

持ってるだけで、英語がますます好きになる、という魔法として使えるかもしれません!

 

カードだと、

こっちの束は、読めた英語、

こっちの束は、まだスラスラ読めない英語、って、

物理的に、はっきり分けることができますから、

何がうろ覚えなのか、がはっきり分かって、よいです。

 

【レベル】

英検5級程度

700の英単語、熟語、会話など

 

【特徴】

切り離してカードにできる!

もあいてるし、リング付き

デザインが、かなりかわいい

 

 

 

他にもカード形式の英語教材に、こういうものがあります↓。

こちらも、「学研プラス」出版ですね。

小学生の英単語カード950 (新レインボーはじめて英語図鑑)

小学生の英単語カード950 (新レインボーはじめて英語図鑑)

 

 ブログはこちらです↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

ちょっとレベルが上になりますが、こういう単語カードもあります。

 高校生用の英単語カードなのですが、

単語王2202 フラッシュ・カード1

単語王2202 フラッシュ・カード1

 
単語王2202 フラッシュ・カード2

単語王2202 フラッシュ・カード2

 

 

小学生でも覚えておいていいんじゃないかしら、という英語もあるので、今から使っておいてもいいと思っていて、

 

うちの娘にも買ってあげようと思っています。(まだ、思ってるだけ…。)

 

「単語王」についてのブログ記事はこちらです。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

今のところ、英単語のカード式は、この3つしか見つけていません。

 

カードは、自分で作ると、ホント手間かかりますから、こういうのが、あるとラク。でも、英検4,3級くらいのレベルの英単語カードもあればいいのにと思います。

 

 

いつも思うのですが、

 

英検5級程度の教材って、山のように出版されていますが、

 

英検4級以降になると、急に少なくなるんですよね~。

 

2020年から小学校の英語教育が本格化して、英検5級くらいの英語をやるわけですよ。

 

だから、各出版社、小学校英語に集中して教材作っていますよねー。

 

でも、英検5級じゃあ、基礎の基礎であって、自然に会話はできない。

 

英検5級レベルだけではなくて、英検4級、3級の英語も有効に学習・練習できる教材がもっと増えたら、

 

日本人の全体の英語力も、伸びると思うんですけどね。

 

さて、ところで、

 

我が家では、チャレンジイングリッシュを、ちびちびとやっているのですが、レッスンを一回やっただけでは身につかないので、

 

こうやって↓、カード形式に書いたもので、寝る前にたった数分間、復習しています。

challeday.hatenadiary.jp

英語の発音は、デジタルレッスンで聞いていて耳に残っているらしく、上手に読みます。

気に入った英会話のレッスンは、すべて暗記していて、先日一人芝居??をしてくれました^^;。

 

つまり、2人分の英語の会話を、一人でやってました。何も見ないで。

 

ちょっと、感動です。

 

ここが、最初の一歩だと思うんです。

 

身体に英語が染み込んだ、っていう証拠です。

 

おお、なるほど。自分で今頃気づいた↑。

 

チャレンジイングリッシュのブログにも書こうっと!

challeday.hatenadiary.jp

challeday.hatenadiary.jp

【英検】英検5級を学習するときのコツ、その① 意外な「つまづきどころ」があるんです。

これから何回かに分けて、英検5級の勉強法などについて書きます。

 

さて、今回は5級の筆記問題に入る前の段階についてです。

 

 

小学生に英検指導をしていたときに気づいた、英検5級の学習での意外なつまづきどころが2つありました。

 

英語を読むときのつまづきどころ

その① 印刷されている「字体」に慣れていない。

 

え?それ?ですよね^^;。でもこれは意外でしたが、本当です。

学年が小さければ小さいほど…。

 

過去問などを見ると分かりますが、英検の問題にでてくる英語の字体は、メイリオのようにすっきしりている字体ではありません。

 

例えば、小文字の「r」「f」などは、上のほうで丸まってる部分が強調されていたり↓、

 

long, large などの「g」は、こんなふう↓(赤い点のところ)にウニョウニョした形になっていて

 

 f:id:bluedaisyday:20190427175818j:plain

 

「ネー、これなにー?」って、聞かれたりしました…^^;。

 

ですので、英検のテキストを使い始めると同時に、

この字体で、アルファベットが分かるか

一つずつ確認してみると

あとがスムースだと思います。

 

「この小文字、いつも見てるのと違うけど、何のアルファベットか分かるぅううー?」みたいに^^;、しらみつぶしに聞いてみる。

 

子どもはすぐ飽きるから、飽きてくるようだったら、3日くらいに

分けて確認作業をしてみてもよいでしょう。

(そこから?そう、英検の学習は、そこから、かもしれません。)

 

過去問で練習するメリットとして、こういう字体に慣れる、というのもありますね~。

 

 

その② 人名が読めない。

 

これがまた、多い!人の名前!

 

5級の過去問から名前だけ拾ってみました↓。

 

★2018年2回目10月実施の筆記の問題より

Lisa

David

Jane

Mary

Takao(日本人の名前)

John

Mr.Clark(2017年にもでてた!だれか関係者の名前か?!)

Naoko(日本人の名前)

Sam

Amy

Mr. Roberts

Mr. White

Bill

Mr. East

Cindy(これも2017年にもでてた!)

Toshio(日本人の名前)

Ms. Clark (お?Clark はMr.でも、 Ms.でもでてる!)

Miho(日本人の名前)

 

沢山あるな~。

たった1回の、しかも問題数25問しかないテストで、名前は、18個!

 

ま、読めなくても、

 

見たことなくて、

大文字で始まってて、

前後にカンマ「,」があって区切られていたら

 

人のお名前よ、と教えてあげておくとよいでしょう。

そうすると、うろたえません。

 

ちなみに、

 

★2018年1回目6月実施の筆記の問題には

 

Tom

Kenji

Susan

Lisa

Bill

Sally

 

あれ~?!たったの6個?

 

2回目は、わんさか出てきたのに、1回目は6個?

この差はなに?

 

 

さて、じゃあ、2017年度の英検にはどのくらいでてるのかしら。

 

★2017年度3回(2018年1月実施)の英検5級の筆記試験には…

Tom

Alice

Ted

Lisa

Bob

Susan

Paul

Mr. White

Mr. johnson

Janet

Mike

Sarah

Jane

Ms. Kent

 

全部で14個~!

 

★2017年度2回10月実施の英検5級の筆記試験には…

Eric

Cindy(ほら、またでた!)

Peter

Mike

Ms.Jackhon

Sally

Tom

Mike

Luke(コレ絶対、‘ルケ‘って読みそう…。`ルーク`です。)

Jill

Mark

Ms. Clark(ほら、もう一回でてきた!)

Kumiko(日本人の名前)

Mrs. Vindent

Mary

 

で16個!

 

じゃあ、しつこく

 

★2017年1回6月実施の英検5級の筆記試験には…

Mike

Emily

John

Kate

Sally

Mr. Ito(日本人の名前)

Tom

 

あれ?たったの8個。人の名前が少ない回なのね。

 

さらにダメ押しだ!

 

★2016年3回(2017年1月実施)の英検5級の筆記試験には…

Jack

Peter

Amy

Akiko(日本人の名前)

Tony

Yoko(日本人の名前)

Cynthia(なんで突然、`シンシア`?)

Daniel

Tom 

James 

Linda

John

Mr. Carter

Mr. Walker (なんちゃらウォーカーだから、覚えやすい!)

 

う~ん、今度はこの回はいっぱいあるなぁ。

 

。。。

 

ま、人名が読めなくても、

 

見たことなくて、

大文字で始まってて、

前後にカンマ「,」があって区切られていたら

 

人のお名前よ、と教えてあげておくとよいでしょう。

そうすると、うろたえません。

(↑自分の文をコピペしました…)

 

 

 

こういう人名をまとめた教材は特にないので(多分紙面が足りないから省略されるのではないか…)

 

方法としては、ちいさな単語カードでもよいので、一枚につき、1つのなまえを書き、めくりながら読む練習をします。

 

リストをただ読んでいくより、覚えやすいです。

 

なぜなら、1枚に、1情報しかないので、集中できます。

 

ま、でも、手間かかるので、名前だけだったらリストでも、いいかもですねー。

 

もし良かったら、私が書き出したものを↑、使ってください。

 

 

次回は、英検5級のリスニング問題のための学習法を書きたいと思います。

 

 こちらは6回分ですが、リスニングCDはついていません。

ダウンロードだの、アプリだの、が苦手な人は(私)CDがいいですね。

【音声アプリ・ダウンロード付き】2019年度版 英検 5級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

【音声アプリ・ダウンロード付き】2019年度版 英検 5級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

 

 

 

【シーン別】雨の日のおうち英語活動。英語絵本とチャンツ英語。

またの季節になりました。

 

小学校で、ネイティブ講師とティーティーチングをしていたときのこと。

毎回、授業のウォームアップのときに、季節を英語で聞くのですが、

6月でも、ネイティブは「summer」といいます。

 

え?でも、日本人の感覚だと、今は夏じゃなくて梅雨なので、

「rainy season」だと思うし、そういう単語も教えてもいいと思うよ、と言っておきました。

 

さて、次の授業のとき、

生徒達が「What season is it?」とネイティブ講師に聞くと、

 

思いっきり

 

そのネイティブ講師は、

「It's SUMMER!!!!!」と答えていました…^^;。

 

分かりました…。

あなたにとって、やっぱり、6月は、summer なんですね…。

 

さて、雨といったら、rain rain go away の歌や、チャンツ

 

このチャンツの教材にも、その歌詞が載っています。個人的に、厳選して買いました。小学生向けです。

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)

 

(アマゾンご利用の方は、こちらからご購入いただけます↑。)

 そのブログ記事はこちらになります↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

こちらのチャンツのCDには、この著者オリジナルのrain に関するチャンツがあります↓。このCDは、大学の英語教育の授業のときに、先生が教えてくれた教材です。内容的には、小学生から、大人(シニカルな歌詞のチャンツもあります^^;)まで。大人には、口の周りの英語の筋肉を鍛えるのにおススメです。

Jazz Chants Old And New

Jazz Chants Old And New

 

 

この教材に関する記事はこちらです↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

「雨」関連の教材からはちょっとずれますが、

 私は、これも大好きで↓、

Small Talk: More Jazz Chants

Small Talk: More Jazz Chants

 

 絶版になってしまって高額になっているのがすごく残念…。万単位です…T0T。確か、このCDのチャンツに、Have a nice weekend というタイトルのチャンツがあり、それだけは、覚えていたので、今、授業の最後に使っています。

独特な歌声なので、子どもには、ちょっと怖~く感じてしまうので人気がでなかったのかしら…。買っておけばよかった、と思う教材です。

 

さて、次は絵本です。

あまりポピュラーではないかもしれないのですが、個人的趣味だけで、紹介してしまいます。

Rain Rain Rivers (Rise and Shine)

Rain Rain Rivers (Rise and Shine)

 

 これも、中古しかないんです。しかも、こちらのブログに詳しく書きましたが↓、

bluedaisyday.hatenablog.com

新しい表紙のペーパーバックは、一箇所、英単語が違っています。それをアメリカの出版社に指摘しましたが、「あいにくお答えできませーん。」という自動返信がきました…。まだ作家の方は生きていらっしゃるようで、ご本人は、どう思っていらっしゃるのか、聞きたいな、なんて、思います。ということで、個人的趣味の英語絵本を紹介してしまいました…。

youtube には、この絵本のいい朗読が見つかりませんでした。

 

ちなみに、

 

5月は、ネイティブからすると、「夏」のようです。

暑いですからね。

 

でも日本人としては、5月を、夏みたいとは、いいますが、夏とはいわないので、

 

What season is it?

に対して、

It's early summer. くらいの単語を教えてもいいんじゃないかと、また、私は、ネイティブ講師に提案しました。へー、そうなんだ、なるほど、なるほど、と少し納得していたようでした。

 

さて、次の授業のとき。

What season is it?

に対して、やはり、おもいっきり

 

It's SUMMER!!! と元気よく答えていました。

 

そうですかー。

暑けりゃ全部、summer のようです。

【英語の歌・乳幼児向け】しまじろうの えいごの うた English Songs (しまじろうの歌えほん)

 2018出版、の押すと音が出る英語教材です。

しまじろうの えいごの うた English Songs (しまじろうの歌えほん)

しまじろうの えいごの うた English Songs (しまじろうの歌えほん)

 

 (アマゾンご利用の方は、こちらからご購入いただけます↑。)

 

【対象】

乳幼児

 

【使い方】

押すと英語の歌が流れる仕組みになっています。

小さい子は「押す」のが好きなので、

遊びの一つとして、家の中に置いておくと良いでしょう。

一度使えば、押すと音がでる、と分かるので、

ほかのおもちゃなどに飽きたら、

すぐ押せるように、何気において置く、

車の移動中に持たせる(落としちゃうかな…^^;)

 

【特徴】

収録曲20曲のうち、

どれもよく聴くものばかり。

でも、一曲だけ、「お!この曲も入れてくれたのね!」と注目した曲があります。

 

5曲目の「DO-RE-MI(ドレミの うた)」です。

 

大人が聴くと、「難しそう~」って思ってしまう曲でも、

 

子どもは、そのするどい耳で聴き取り、真似できるからすごい。

 

以下、20曲のリストです。


1.London Bridge(ロンドンばし)
2.Mary Had a Little Lamb(メリーさんの ひつじ)
3.The Wheels on the Bus(バスの しゃりん)
4.BINGO(ビンゴ)
5.DO-RE-MI(ドレミの うた)
6.Head, Shoulders, Knees and Toes(あたま かた ひざ つまさき)
7.Under the Spreading Chestnut Tree(おおきな くりの きの したで)
8.If You're Happy and You Know It(しあわせなら てを たたこう)
9.Eensy Weensy Spider(ちいさな くも)
10.Twinkle, Twinkle, Little Star(きらきらぼし)
11.The Alphabet Song(アルファベットの うた)
12.Seven Steps(1から 7の うた)
13.The Finger Family(ゆびの かぞく)
14.Open, Shut Them(ひらいて とじて)
15.Walking, Walking(あるこう、あるこう)
16.Hello!(こんにちは! )
17.This Is the Way(こうやるんだよ)
18.Sunday, Monday, Tuesday(にちようび げつようび かようび)
19.Jingle Bells(ジングルベル)
20.Happy Birthday(たんじょうび おめでとう)

 

(詳細は、こちらからご参照ください↓。アマゾンご利用の方は、こちらからご購入もできます。)

しまじろうの えいごの うた English Songs (しまじろうの歌えほん)

しまじろうの えいごの うた English Songs (しまじろうの歌えほん)

 

 

他にも、押すと音が出る英語教材あります。

 

我が家では、こちら↓を使っていました。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

こちら↓もベネッセコーポレーション出版ですね。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

2020年度から英語が本格化しますが、それでも他のアジア圏よりは、まだまだ遅れていると思います。

英語学習は、結局、家庭学習でかなり差がつきます。

英会話スクールに週1回行くだけでなく、家での英語環境づくりもとても大事です。

 

【英語教材まとめ】車中で、おうちで、学童で、楽しく英語を学習するためのオススメ教材ベスト10。

我が家は、車を所有していない世帯であるため、車での長距離移動はしたことがありません。

 

想像しながら、こんなのはどうかしら、と思うものを、今まで紹介した教材の中から、選んでみました。

 

授業を構成するとき、私は、「静」と「動」が、交互になるようにします。

 

身体を動かすアクティビティーをしたら、次はちょっとお話聞かせる、というふうにです。

 

ですので、じっとしていなければならない車の中ででも、

 

 

「静」と「ちょっとした動き」の両方があると、飽きなくてよいと思います。

 

DVD見て一緒に歌おう、身体も動かそう(車が揺れない程度に…^^;)!

 

①スーパーシンプルソングズビデオコレクション1

スーパー シンプル ソングス ビデオコレクション 1 DVD 子ども 英語

スーパー シンプル ソングス ビデオコレクション 1 DVD 子ども 英語

 

 記事はこちら↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

②英会話たいそうDVD

英会話たいそう Dansinglish DVD

英会話たいそう Dansinglish DVD

 

 記事はこちら↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

CDと一緒に歌ってみよう。

 ③えいご好きな子が育つたのしいえいごのおうた

 記事はこちら↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

ボタンを押して、好きな歌を選んで聴こう、歌おう

ボタンを押す、自分で選べる、というアクションがあるので、どちらかというと能動的…?

 

 ④えいごどうよううたのえほん

えいごどうよううたのえほん―Let’s sing!

えいごどうよううたのえほん―Let’s sing!

 

 

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 ⑤だいすきえいごのおうたえほん

だいすきえいごのおうたえほん (たまひよおうた絵本)

だいすきえいごのおうたえほん (たまひよおうた絵本)

 

 記事はこちら↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

ぼーっとしているときは、このCDをかけ流し

 

⑥どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

 

 記事はこちら↓。連休中かけ流していれば、おどろきの効果が実感できるかも

bluedaisyday.hatenablog.com

 

子守唄には、このCD

⑦ ディズニーベビー英語歌で聴く赤ちゃんとお母さんのための音楽 おやすみタイム用

ディズニーベビー 英語歌で聴く赤ちゃんとお母さんのための音楽おやすみタイム用

ディズニーベビー 英語歌で聴く赤ちゃんとお母さんのための音楽おやすみタイム用

 

 記事はこちら↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

 ホワイトボードペンで書いて消せるアクティビティーカード

使い方は、下の記事をご覧ください。

⑧100 Things for Little Children シリーズ

100 Things for Little Children to Do on a Trip (Activity Cards)

100 Things for Little Children to Do on a Trip (Activity Cards)

 
100 Things for Little Children to Do on a Journey (Activity and Puzzle Cards)

100 Things for Little Children to Do on a Journey (Activity and Puzzle Cards)

 

 記事はこちら↓。記事に書いたのは「100 Things for Little Children to Do on a Train 」です。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

カードゲームで世界旅行をしてみよう

 スナップという遊びをご存知ですか?

日本で言う「ブタのしっぽ」です。

(これはローカルな呼び名かも!

同じカードがでたら、タッチして、

一番上の人が全部カードをもらわなければいけないゲーム。)

⑨Travel Snap

 

このように13種類のカードが4枚ずつあります。

f:id:bluedaisyday:20190417112327j:plain

【遊び方】

 

カードを切り、全員に配ります。

表を下にして、自分の前に渡された全部のカードを置きます。

順番を決め、一人一枚ずつ表を出して中央に出します。

直前のカードと同じカードだったときに、「スナップ」と一番早く言った人が、真ん中のカードの山をもらえます。

自分のカードがなくなった人は途中でぬけます。

最後に一番カードを持っている人が勝ち。

 

ハラハラして、退屈な車の中では、ちょっと息抜きになるかも?

 

最後に…

 

⑩ノートとスマホ

 

例えば、世にでている英単語集で、

「飛行機雲」がのっているものはありますか?

「つくし」がのっているものはありますか?

原子力」、「除雪機」、「柏餅」…

 

私は今まで一度も見たことはありません。

 

英単語教材は、すべて、受動的

 

自分が、これって英語でなんていうんだろう、と考えることは、

 

将来、

 

英語でなんて言えばいいんだろう、

という英作文力、

英語で何をしゃべればいいんだろう、

という雑談力、

 

につながると思っています。

 

これって英語でなんっていうんだろう、はとても大事な疑問。

それを、自分のノートに書きとめていくことは、将来の英語学習に必ずプラスになると思います。

 

記事はこちら↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

10連休、あの手この手で乗り切りましょう!

【英会話教室】英会話スクール、英語教室に行くのであれば、こういうレッスンを受けるとメリットあり。

結論からいいますと、

 

英会話スクールのグループレッスンのほかに、

または、グループレッスンを受けてなくても、

 

小学校高学年以上のある時点で、

 

個人レッスン

「基本的発音の練習」

受けることがよいと思っています。

 

講師から正しい発音を習い、真似して言ってみて、

フィードバックをもらえます。

 

つまり、その発音で通じるか、

正しいか、をチェックしてもらえます。

 

グループレッスンだと、

 

どうしても

年間カリキュラムが決まっているし、

レッスンごとには、ここまで終わらせないと

いけないという範囲も決まっているし、

人数も多いので、

一人一人の英語まで、

こまかく見ている時間はありません。

 

 

そういう発音練習集中レッスンを

用意している子ども英語スクールは

少ないと思うのですが、

 

プライベートレッスンで、

発音の練習をして欲しい、

と希望すれば、

講師がそのようなレッスンを用意してくれると思います。

 

かなり割高になると思いますが…。

 

最初に基礎をやっておくと、

 

あとでグループレッスンを始めたときに、

自信を持ってスタートできるし、

後々の英語学習に絶対不可欠な

音読の練習の基礎にもなります。

 

 

 

ただ、2泊3日などの缶詰研修で

いきなり現場にだされる

講師も多いと思うので、

 

新人さんとか、

教える経験が少ないとか、

語学学習の仕方や教材を知らない

という講師だと、難しいかもしれません。

 

英会話スクールは選べるが、

講師は選べない、のが現状か。

 

それで、

 

なぜ、このように、英語の発音にこだわるか、ですが、

 

実は、日本語は、あまり唇を使わなくても、しゃべれるんですよね。

 

試しに、口を横にイーっと開いた笑ってるような顔のままで、

 

上記の文、

 

「日本語は、あまり唇をつかわなくても

しゃべれるんですよね。」と言ってみてください。

(誰も見てないときにでも^^;)

 

マ行など、くちびるをつかう音は、

ちょっと難しいですが、

だいたい舌を動かせば、しゃべれましたよね。

 

ですから、日本語は、一番腹話術にてきした言語であると

いう人もいるくらいです。

 

私達は、

 

唇をあまりうごかさないしゃべりかたに慣れているのですが、

 

英語は、唇をよく動かさないと

ちゃんとしゃべれないし、通じないと思います。

 

今まで、色んな国の人と英語でのやりとりを

したことがありますが、

 

なんと、

 

日本人の英語が、一番聞き取りづらかったです!!

なんかこう、平らでモゴモゴしていて...。

 

ですので、

 

英語を話すときは、

 

こんなに唇を動かさないといけないんだな、

 

ということを身体で理解したほうがよい

(できる範囲でかまいません。)

 

というのが持論です。

 

そういうレッスンを受けることで、

自信を持って話せるようにもなると思います。

 

 

ですので、

英会話にいかれているお子さんも、

オンラインレッスンをされているお子さんも、

 

簡単な英会話のレッスンに慣れてきたら、

 

単調な練習にも少し耐えられるようになったと思ったら、

 

発音練習してみたいと思えるようになったら、

 

発音練習のレッスンを

プライベートレッスンで

受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

英会話教室のグループレッスンは、

 

英話の勉強ではなく、

楽しむためのもの、

知らない別の小学生と英語でやりとりして

度胸をつけるもの、

 

と考えたほうがよいと思います。

 

 

 

英会話教室が近くにない、

オンラインレッスンもしない、

という場合は、

 

自宅教材として、こちらをおすすめします↓。

 (アマゾンご利用の方は、こちらからご購入いただけます↑。)

何が良いって、、、

 

 

 

人間の唇の映像つきです↓!

 

 f:id:bluedaisyday:20190408143423j:plain

 

か、かなり、びっくり!!

 

しかも、使っている音楽も、

はっきり言って、70年代か、80年代のロック?

 

映像も、何十年前流行ったんですか?

 

といった、かなりショッキングな映像と音です。

 

さらに、

 

CGの動物や人間もでてきますが、

これもかなり動きが古すぎます!

 

 

しかし、内容は充実しています。

 

もともとフォニックスの教材ですが、

 

 英語の母音、子音、から始まって、

人間の口の映像と、と、文字

一緒にでてくるので、

 

発音、口の形、舌の位置など、

学習しやすいです。

 

この古すぎる音楽に耐えられナーイ!と言う場合は、

早回しして、

レッスンのところだけ学習するのでもいいでしょう。

 

値段は2000円ちょっとです。

 

プライベートクラスだと、40分数千円になるでしょうから、

 

自宅でがんばる、と腹を決めたら、

こちらのDVDをみながら、とことん練習する、

という選択肢もあると思います。

 

以前紹介した、「あいうえおフォニックス」は無料なのですが、

口の形は、「絵」での説明になっています。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

 

(アマゾンご利用の方は、こちらから詳細ご覧になれます↓。)

 中古品だと、1000円ちょっとでありますね。

 

これは、いつか紹介したいと、

ずっと思っていたDVD教材なんですよ。

 

なかなか、人間の口つき映像ないですから^^;。

 

家族で見たとき、

レトロな感じが面白くて、どちらかというと

子どもより、大人が楽しみました...。

 

怖いもの見たさで買ってみてもいいかも、

なんていうススメ方をしてしまうのでした^^;。

 

でも、実は、

200以上のアワード受賞

している教材なんですけどね!

 

DVDの中の解説もすべて英語ですが、

口の映像がでてくる部分のレッスンだけを

するのでも、口の形、基本的な発音の練習には

なると思います。

 

2020年度から英語教育が本格化しますが、

このビデオほど、発音練習は、

本格化することは、ないでしょう。

 

【英会話教室】オススメの英語教室は…

小さいお子さんをお持ちの方は、

「交流の場を持つ」という意味で、

英語教室に通うのは、良いことだと思います。

 

私は、個人的には、Y英語教室が良いと思います。

音楽も教えているところですね^^。

 

(私もここで働こうかと思って応募しましたが、

「夜7まで、お願いできませんか?」と言われたため、断念。)

 

 

何が良いかといいますと、

 

英語を聞ける「耳」を、最初に鍛える

という方針だからです。

 

音楽やお話で、英語に接する、というやり方は

子どもの発達にあっていると思います。

 

最初から4技能やりまーす!と

媚びてないところがいいですねー。

 

子どもが生まれてから最初にするのは、

 

日本語を「聞くこと」です。

 

最初から、4技能、読む、書く、聞く、話す、

は、やりませんよね。

 

また、Y英語教室は、

 

歌を歌ったり、

英語劇をしたり、

 

英語を「声に出して言う」活動も多いですね。

 

CD,DVDなど、購入した音声教材は、

レッスンがない日は、毎日聞きましょう。

 

週一回では、年に50時間もないです。

 

50時間といったら、たったの3日分です。

 

語学は、最低2000時間やらないと身につかないと

思っています。

 

DWEは、2000時間英語学習ができる

カリキュラムになっています。だからバイリンガルになれます。

 

ですので、語学は、

 

ピアノと同じで、というか、楽器と同じで、

毎日練習する必要があります。

 

毎日お子さんが英語に触れられるように

Y教室で購入した、CD・DVDなどの音声教材は、

毎日聞いたり、歌ったりしてくださいね。

 

音楽教室ももっている会社なので、音楽の質もいいと思います。

 

外国語の音を聞き取って真似する能力は、

13歳までがピークなので、

それまでの年齢でやっておくほうが、

13歳以降でやるより、ずっと早いです。

 

さらに、

 

英語の交流の場として、Y英語教室にいき、

 

家で英語のインプットとして、パルキッズなどの通信教育を受講する、

 

というダブルだと、さらに良いかと思います。

 

そうすると、小学校の英語の授業が、かなり簡単に感じられると思います。

 

我が家はチャレンジイングリッシュでほぞぼそと続けていますが、それでも、英語の授業は、すべて分かり、出来ています。

 

英語の通信講座の

オススメはこちら↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

こちらは、内容がすごく良いです。おためし英会話CDがついていて、やっぱり、きき流してたら、うちの子どもが、CDそっくりにしゃべり始めて、驚きました。

パルキッズにしとけばよかった…、と思うので、色んな記事でオススメしています。

bluedaisyday.hatenablog.com