元英語講師の「おうち英話」のススメ

0歳~小学生までのお子さんに、自宅で英語環境を作るための教材や学習法を書いています。

【英語絵本】「I Like It When 」寝る前の読み聞かせに、おすすめです。

個人的にイチオシです↓!立ち読みしてきました↓。親子で読んで、(特に母が)幸せになれる英語絵本

I Like It When . . .

I Like It When . . .

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 

ぎゅ~!

 

抱きしめる!

 

今はさすがに子供が嫌がる!

 

あー、昔がなつかしい!

 

【対象】

小学2年生くらいまで(家庭により異なる...?)のお子さんとそのおうちの方。

 

【特徴】

文字は、各見開きページにつき、「I like it when you .....」という文があります。

 

you というのは、例えばお母さんのこと。

 

「お母さんがこうしてくれるとき、すごく嬉しいんだ!」という子供の声なんですよね。

 

「そうなのね、そうなのね、ママもうれしいよ!」

 

子どもを授かって、何がうれしいって、こういう瞬間。

 

こういう瞬間は、永遠でもある、ずーっととっておける幸せ。

 

寝付かせ本として、お子さんと読む!読んであげる!今しかできないことですね。

 

日本語版の本を探しましたが、見つかりませんでした。

 

 レビューが多いので、ネイティブの方も書いてるかなと思いましたが、1件もなく、英語圏では、あまりメジャーじゃないのかしらと思いました。

 

ネイティブが音読しているyoutubeを探しました。

 

こちらの方のyoutubeを聞いて、おうちの方が練習されるとよいかと思います↓。

YouTube

 

 

定番の寝る前に読む読み聞かせ本と言えば、こちらですが↓、

Goodnight Moon

Goodnight Moon

 

 

個人的には、この本↑、すごく不思議すぎて、感情移入ができません...^^;。

 

「I like it when」 のほうが、世界共通、だれにでも共感できる絵本だと思います。子どもが小さかったときに、この絵本を読みたかった、と思います^^。

 

以上です。

【ハロウィーン特集(再掲載)】ハロウィーンの英語絵本、英語CD、英語ゲーム、英語劇、シールなど、まとめて紹介。

(昨年のハロウィン特集を、少し手直しして再掲載しました。)

 

ハロウィーンの教材をまとめてみました。

自宅英語教材として、または、英語のお教室のイベントで使えます!

子どもってお化け関係好きですよね…。

 

【ハロウィン英語絵本

●H is for Halloween(乳幼児向け)

 

H Is for Halloween

H Is for Halloween

 

 

アルファベットが溝になっていて、指先でなぞれます。

各ページに絵がかくれていて、めくると出てきます。単語は100個あります。

 

アマゾンレビューは、すべて英語。日本に住んでるネイティブの人たちが買っているのでしょうか。ボードブックなので丈夫、ギフトに良い、アルファベットが学べる、中古品を買ったら、めくる部分が壊れてた、などのコメントがありました。

 

中古はやめたほうがいいかもですね~~;。

 

●My First Halloween(小学校高学年くらいまで)

こちらは初心者向け。ハロウィーンに関する単語がでてきます。

make, decorate など、動詞も出てきますが、主にハロウィンの単語です。

ページ数も少なく、シンプルな絵本です。

My First Halloween

My First Halloween

 

  (こちらから、詳細確認やご購入が出来ます↑。)

 

 

 ●Go Away, Big Green Monster!(小学校低学年くらいまで)

Go Away, Big Green Monster!

Go Away, Big Green Monster!

 

    (こちらから、詳細確認やご購入が出来ます↑。)

 

Go away!と子どもにいってもらうと、さらに楽しいと思います。

顔周りの部位、目、鼻、口、耳、髪の毛といった基本中の基本の単語が出てくるので、

 

Head, shoulder, knees and toes knees and toes 🎵を歌って、顔の部位を復習してから、この絵本を読むと、

 

テーマ(顔の部位)があってて良い感じになりますね。

 

 

● H is for HALLOWEENKindle版)(バイリンガルや中学生くらいまで)

 中見!検索!で見てみました。

 

A is for apple with a worm crawling inside.

(このwith の使い方は、~がいるよ、という意味)

B is for bats that like to hide.

(お!関係代名詞!)

C is for cobwebs that are stretchy and white.

(こちらも中3で習う関係代名詞あり!)

 

.....と、バイリンガルのお子さんとか、日本だと中学生くらいまで、よい学習になると思います。これの「本」があればいのに...。

 

●ハロウィンのPepper Pig のアクティビティブック(幼児向け)。

Peppa Pig: Peppa's Halloween Sticker Activity Book

Peppa Pig: Peppa's Halloween Sticker Activity Book

 

   (こちらから、詳細確認やご購入が出来ます↑。)

 

ネイティブスピーカーが書いたと思われるレビューを参考にすると、色塗り、迷路、シール貼りなどのアクティビティがあるようです。

 

Pepper Pig、かわいいですよね~。我が子がまだ小っちゃかったら買うんですが。もう来年中学生・・・。さすがに、シール貼りとか、しなさそうです。

 

 

【歌のCD】

Wee Sing for Halloween

Wee Sing for Halloween

Wee Sing for Halloween

 

 (こちらから、詳細確認やご購入が出来ます↑。)

この商品に関する過去記事はこちらです↓。

 

●Super Simple Songs Halloween

スーパー シンプル ソングス ハロウィン 第2版 CD 子ども 英語

スーパー シンプル ソングス ハロウィン 第2版 CD 子ども 英語

 

  (こちらから、詳細確認やご購入が出来ます↑。)

 

 私は、スーパーシンプルソングスのCDは、クリスマスのCDしかもっていないので、こちらは聞いてないのですが、

 

ここで↓、視聴ができます!

 

 

 

小学校の授業の副教材として使っているところもあるようです。

 

 【ゲーム】

手作り絵カードがかなりショボイのですが…、これも、定番のゲームで、やり方も書きました。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

ハロウィングッズがひとつあれば、それを使って手軽にできるゲームです。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

【英語劇】

こちらです↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

コスモピアからしか購入できないので、そういうところは面倒くさいのですが、

台詞、歌、絵本の絵、全部良いと思います!

小学校の授業だと、そんなに授業数とれないから出来ないと思いますが、英語教室だったら、カリキュラムの自由度が高いので、使えるかもしれませんね。


 コスモピア出版社、いいですよ!ぜひ、HPごらんになってみてください。教材の宝庫です!アマゾンなどで購入が可能になればいいのに、、、と思います。

ハロウィーンってなぁに? (はじめてBOOK)

ハロウィーンってなぁに? (はじめてBOOK)

 

   (こちらから、詳細確認やご購入が出来ます↑。)

 日本語のハロウィーンまとめ本です。

 

これの英語版もあるんです!!バイリンガルのお子さんとか、大人の英語学習によいと思います!(個人的に、これほしい。)

●Hallo-what?

Hallo-What?

Hallo-What?

 

 

   (こちらから、詳細確認やご購入が出来ます↑。)

こっちはキラキラ!

 

   (こちらから、詳細確認やご購入が出来ます↑。)

 

  壁に貼るのもあります!

   (こちらから、詳細確認やご購入が出来ます↑。)

 

 以上、ハロウィーン特集でした。

 

以下、過去記事2つ、良かったら覗いてみてください🎵

 

【サイトワード】おうち英語、うちの子供の場合。英語を読む練習。なぜか、サイトワードで抱腹絶倒。意外に楽しい間違い方。

今回は、教材の紹介ではなく、我が家の英語教育の様子を書いてみました。

 

以前、このような記事を書きまして↓、

bluedaisyday.hatenablog.com

その無料ページからダウンロードして、コピー用紙で作ってみました↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

作ったのに、ずっとほったらかしでしたが、家の片づけをしていたらでてきたので^^;、娘にやらせてみることにしました。

 

ちなみに、娘の英語学習歴は、

 

1歳くらいから、

●英語のCDを聞く、

英語絵本を読む(CD付き)聞く、真似して音読してみる

●英語のチャンツを聞く、真似して言ってみる

●しまじろうの英語の通信教育(DVDやCD、絵本など)を一緒に楽しんで見る、聞く、英語を真似してみる、

●小学3年生の夏から5年生まで、ベネッセのチャレンジイングリッシュ受講し、会話の練習を始める(読む練習も少しだけ)

 

そして、現在は、英語学習は学校のみ。(チャレンジイングリッシュは、フリーズする回数が多く、現在、休憩中...!)

今まで英語教室には通っていません(本人興味なし)。

 

リスニングは、英検4級まで(イラストの問題だったら)ほぼ余裕で満点なんですが、

読む練習は今までしてこなかったので、読んで答えるリスニングのパートはまだやっていません。

 

高学年になるとあれこれ忙しくなり、そろそろやらないとなーと思いつつ、時は流れ…。

 

せっかく片づけのタイミングで出てきたサイトワードですので、

 

一体、どのくらい読めるのだろうか!ドキドキしながら見せてみました。

 

 

 

私:(紙を見せて)「us」は?

 

子:「うっス!!」

 

おっと...。違ーう!あいさつじゃなーい。

 

 

「use」は?

 

「うっせぇー!!」

 

ち、違います。

 

「ユー エス エー?かな? ユー エス エー! ユーエスエー!」

 

ち・が・う!!

 

 

「upon」

 

「うぽーん!」

 

うぽーんじゃないよー。

 

 

だ、だ、大丈夫か、読めるようになるのか。

 

(大丈夫ですよ^0^、お母さん、と私の中の児童英語講師の声が聞こえてくる...。)

 

ここからは、もう勝手にしやがれで、好きなように読ませてみました。

 

読めなかった単語は、

 

thier, write, both, does, those, gave, five, found, why, which など。

 

I found it.

なら読めるが、

found だけだと読めない。

 

Why?なら読めるが、

whyだと読めない。

 

Which do you like?

なら読めるが、

whichだと読めない。

 

Once upon a time 

なら読めるが、

upon だと読めない。

 

英語を使う場合、found だけとか、which だけで使うことはまずないのですが、

 

これから中高と進学していくにつれ、読む量、書く量も増えていくので、

 

1つの基本的な単語が分からないために時間がかかってしまうのは、もったいないので、

 

地味な作業ですが、サイトワードで一度きっちり確認作業をしておいたほうが良いと思いました。

 

娘も、一生懸命読もうとして、読み方が外れると、これがまた「うきゃきゃ」と大喜び。半分受け狙いで、やりたがります。

 

高学年だと、読むことにもすごく興味を持つものなので、

 

受け狙いでも、動機には変わりない^^;?ので、続けてみようと思います。

 

その作業をしつつ、言えるようになったチャンツ、文章、会話などを文字に起したものを使って、読む練習をしようか、と考えています。

 

ところで、最近の不思議な現象として、時々、昔読んでいた英語絵本を、ある時突然、言うようになりました。

 

「Stop!」cried the farmer. などの短い1文ですが…。

 

え?なんでそのタイミングでそれ言う?

 

なんでなのかわかりません。

 

小学生は、不思議です。

 

我が家でよく流していた、聞いていた、真似していた英語CDなどの一部ですが、6点です↓。

★一番使った英語絵本(他はカテゴリーをご覧ください→)は、こちら↓。mpiのオリジナルCDが良いです!

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? 英語絵本とmpiオリジナルCD付き (BrownBear, Brown Bear, What Do You See?)

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? 英語絵本とmpiオリジナルCD付き (BrownBear, Brown Bear, What Do You See?)

 

   (こちらをクリックしていただくと、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

★英語をBGMとして流していても、いつのまにか吸収してました↓(パルキッズについては、カテゴリーをご覧ください)

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

1日たったの90分CDを流すだけ!どんな子でもバイリンガルに育つ魔法のメソッド

 

 (こちらをクリックしていただくと、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

英会話(詳しくは「英会話」のカテゴリーをご覧ください。)の練習。96パターンが学べます。

英会話たいそう Dansinglish CD

英会話たいそう Dansinglish CD

 

   (こちらをクリックしていただくと、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

 ★英語のチャンツ(詳しくは、「チャンツ」のカテゴリーをご覧ください。)のテキストとして一番おすすめしているものです↓。

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)

 

  (こちらをクリックしていただくと、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

これも私個人的に大好きです。

Jazz Chants Old And New

Jazz Chants Old And New

 

  (こちらをクリックしていただくと、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

★DVDは、おもにベネッセの英語講座のものを見ていました↓。

こちらから↓詳細確認などができます。

 

 ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

 

日本の英語教育はまだまだ五里霧中、試行錯誤中…。

「おうち」で、まず最初に、英語を「聞く力」を育てていきましょう!

大人はがんばらないと聞き取れない、真似できないけれど、

子どもはさらっとできてしまう!聞いていないようで聞いています!

 

【英単語】「続 英単語の語源図鑑」(清水健二著)英単語が増える。英単語の理解が深まる。小学生でも楽しめる部分あり。

 清水健二さんの語源図鑑の2冊目が出版されました↓。

続 英単語の語源図鑑

続 英単語の語源図鑑

  • 作者: 清水建二,すずきひろし,本間昭文
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

この表紙は↑、ちょっとゴチャゴチャした印象(失礼!)なのですが、中を開くと、絵と大きい字で単語がかいてあり、とてもスッキリしていて 読みやすい です。

 

ちなみに、 1冊目はこちらです↓。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

こういうおもしろい本を書いた清水健二さんって、どういう人だろうと思って調べてみました。

 

上智大学文学部英文学科を卒業後、ガイド通訳士、東進ハイスクール講師、埼玉県内の各高校で教鞭をとり、現在は、40年の英語指導の経験を生かした様々な英語教材を開発中なんだそうです。

 

わかりやすくユニークな教え方に定評があり、シミケンの愛称で人気の先生だったようです。

 

ただ、立ち読みした感じでは、「この単語、高校生でも使うかな?」というレベルのちょっと難しめの単語もありました。

 

推測ですが、ページのバランスを良くするため、あまり使わない単語でも載せるのではないかと…。

 

印象としては、最初にでたほうよりも、今回出版された「続」のほうが、少しだけ、簡単かなあと思いました。

 

参考書的に持っておくといいかもしれません。

 

でも、語源図鑑は、自分で作ってみても、楽しそうですよね。

 

今、思いつくまま書いてみると、

 

アジサイは、英語で「hydrangea」といいます。

 

最初の、「hydr」は、に関する単語につく接頭語で、

 

他に、 身近な単語では

 

hydrogen」

「be dehydrate」脱状態である

 

というのがあります。

 

hydrがついたら、 水が関係している単語なんだなと推測できるようになります。

 

自分は紫陽花の花が好きなので、こんな風に まとめたらステキと思っています(^o^)。

 

英語が趣味という人にもオススメですね。

 

小学生でも小さい時から英語をやっていて5級や4級が取れるようなお子さんだったら

 

今のうちから知識として教えておくと

 

新しい単語を見た時に、接頭辞から、単語の意味を推測してみて 

 

その推測が当たったらとても楽しいんじゃないかと思います。

 

【乳幼児・英語絵本】「Hug」「Yes」「Play」ジェズ・オールバラ著 さるの親子の絵とストーリーに、癒されます!絵をみて意味がわかる!

小さなお子さんと読むのにぴったりの英語絵本3冊です。

セリフはほとんどないのですが、めくりながら、親子でただ、楽しんでいただきたい絵本です。

 

 

Hug

Hug

 

(こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。) 

 

ほとんど「Hug」という単語しか出てこないのですが、絵本で、その意味が分かるようになっています。とにかく、癒される絵とお話です。お母さんおさるの目もとても優しいし、こざるも愛おしく思えてきます。

 

アマゾンで、「なか見検索」ができますよ!

 

「Hug」という単語の発音は、意外と難しいので、「Hug 発音」などと検索して聞いてみてください。(日本語のハグよりも、口を開かないようにしていう感じです。)

 

Yes (Bobo and Friends)

Yes (Bobo and Friends)

 

(こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。) 

 ハードカバーとペーパーバックがあります。

アマゾンで「なか見検索」もできて、さるの親子の絵から、すごい温か味が伝わってきます。

Yes, No の意味が、絵で分かります。このYesとNoの使い方、よく思いついたなーと感心してしまいます。

 

Play

Play

 

 (こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。) 

 

こちらも、本当にこざるがかわいくて、仕方がないです!

 

もう可愛くて可愛くて、ぎゅっとしたくなります。

となりにご自身のお子さんがいたら、絶対、ぎゅっとしたくなります。

 

以上、今回は、赤ちゃん、幼児向けの絵本の紹介でした。

 

【幼児・小学生・英語のチャンツ教材】アプリコット社の「チャンツde絵本シリーズ(CD付き)」がおすすめ。アルファベット、whose, ハロウィン、体の部位を使ったチャンツ。

また、素敵な教材と出会いました。

 

こちらです↓!シリーズで4冊。私が立ち読みしてきたのは、こちら↓の、チャンツde絵本②と、

Picture Books by Songs & Chants チャンツ de 絵本 Vol.2 Whose Shirt ?

Picture Books by Songs & Chants チャンツ de 絵本 Vol.2 Whose Shirt ?

 

 (こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

 こちらの、チャンツde絵本④↓です。

With My Eyes (チャンツde絵本)

With My Eyes (チャンツde絵本)

 

 (こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

 【対象】

英語が初めての、園児から、小学校4年生くらいまで。

 

【特徴】

 

タイトルの通り、絵本をチャンツにして、リズムよく英語を言えるようになっています!

絵本だと、ちょっと途中で、だら~っとなってしまうことがありますよね。

 

チャンツにしてしまえば、リズミカル。絵本をみながら、口が勝手に動きやすい!

 

それに、絵本なので、自分で言ってる英語の意味も、「絵」を見てるから分かる!

 

今自分がしゃべっている英語って、こういう意味なんだー、と同時に理解できる。

 

素晴らしいです。パチパチパチ!

 

 

 

 具体的には、こちらの絵本は、

Picture Books by Songs & Chants チャンツ de 絵本 Vol.2 Whose Shirt ?

Picture Books by Songs & Chants チャンツ de 絵本 Vol.2 Whose Shirt ?

 

(こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

Whose(誰の)という疑問詞を使った質問と、

my とか、だれだれの、と、答えをいう、簡単なチャンツなんですがね、、、

 

中学生でも、whose という英語や、my mother's という英語がさっとでてこないということも多いです。

 

なぜなら…、普通、こういう英語を日常で使わないじゃないですか?!

 

どんな英語もそうですが、

 

使わないから、どんどん忘れていってしまうし、

 

練習もしないから、どんどん忘れていってしまう。

 

でも、チャンツで練習したら、体に染み込んでいきます

リズムに合わせて、口に出して英語を練習したら、「口」が英語を覚えます

 

だ・か・ら、

 

小さいうちから、チャンツでたっくさん英語でリズム遊びをしておきましょう\(^0^)/!!

 

ちなみに、先日、小学6年生のレッスンで、この本↓のなかにある、「How many(いくつ?)」を使ったチャンツをやりました。

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)

[通じる英語はリズムから]I like coffee I like tea(CD付) (I like coffee, I like tea)

 

(こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。) 

 

さすが6年生。すぐに言えるようになりました。

毎回のレッスンでやっていけば、理屈でなく、身体で英語を覚えて言って、必要な場面で、「how many」が、サッとでてくるようになる基礎(まどろっこしい?!)を作ってあげれると思っています。

 

そして、もう一冊のほうの絵本についてです。

 

こちらのほうでは、身体の部位+何ができるか(I can....)を学習できます。

With My Eyes (チャンツde絵本)

With My Eyes (チャンツde絵本)

 

 (こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

頭、肩、ひざ、つまさき!のおなじみの英語の歌ありますよね。

 

あれはあれでいいんですけど、それ以上発展しない…。

 

子どもは、飽きずに何度も歌って楽しそうにはするのですが、

 

英語の力が高いクラスや、お子さんだったら、

この「With my eyes」を使うといいと思います!

 

「Eyes」といって、目にタッチするだけではなく、目で「見ることができる」という言い方も、練習できますから!

 

ついでにやってみましょう!

 

ということで、2冊のチャンツde英語の解説でした。

 

【使い方】

家で、CDかけ流しだけでも楽しい!

車中でかけ流しだけでも楽しい!

もちろん、お子さんと一緒にチャンツも楽しい!

ちょっと身振り手振りをつけてみたら、もっと楽しい!

おうちの方の工夫次第で、どうにでも使えそうな教材です。

 

それで、シリーズで4冊あるので、順に載せますと、こうなります↓。

 

Picture Books by Songs & Chants チャンツ de 絵本 Vol.1 abcd Chants

Picture Books by Songs & Chants チャンツ de 絵本 Vol.1 abcd Chants

 

(こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。)

Picture Books by Songs & Chants チャンツ de 絵本 Vol.2 Whose Shirt ?

Picture Books by Songs & Chants チャンツ de 絵本 Vol.2 Whose Shirt ?

 

 (こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。)

Open the Window (チャンツde絵本)

Open the Window (チャンツde絵本)

 

 (こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。)

With My Eyes (チャンツde絵本)

With My Eyes (チャンツde絵本)

 

 (こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

こちらは、1と2のセット、

 (こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

 こちらは、3と4のセットです。

チャンツde絵本3&4セット

チャンツde絵本3&4セット

 

 (こちらから、詳細確認やご購入ができます↑。)

 

以前紹介したこのチャンツのテキストも、中本幹子先生の教材で、今もレッスンで活用しています^-^。

bluedaisyday.hatenablog.com

 

以上、チャンツde絵本シリーズの紹介でした。

【小学校英語・指導者向け教材】mpi の「小学生は英語が大好き 72Activities 1」がおすすめ。英語活動が満載!小学校の先生方におすすめ。

 指導者も理解しやすいし、短い時間でできる英語活動が沢山載っています↓。

小学生は英語が大好き―72 Activities 1 基礎編

小学生は英語が大好き―72 Activities 1 基礎編

 

(こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 

ちなみに私が持っているのは、表紙が2色刷り…。多分出版されてすぐに買ったと思います。今はカラーになってますねー。

 

 英語版はこちら↓。

72 Activities For elementary school English 「小学生は英語が大好き 1」英語版

72 Activities For elementary school English 「小学生は英語が大好き 1」英語版

 

 (こちらから詳細確認やご購入ができます↑。)

 

【対象】

小学校英語に関係している方、

英語サークルを主催してる方、

大家族の方(人数が多いと盛り上がる)、

これから英語の先生になる方、

などなど。

 

【使い方】

例えば、来月の3年生の英語活動、何にしよう~、と迷ったら、

 

「10月、3年生」のページをみると、3年生という年齢に適した、10月にやりたい、英語活動が紹介されています。

 

生徒さんたちの英語のレベルによっては、4年生のものをやってもいいですね。

 

 

 

私も、このテキストをいつも参考にしています。

 

実践的、わかりやすい、盛り上がる、楽しい活動例が満載です。

 

各学年に一冊ずつ購入すれば、

 

各学年の英語の授業を作るときに、必ずこれを参照することができますね。

 

授業の準備をするときに、見たいなー、とか、コピーしたいなーと思う本がないと、準備が終わらせられませんものね。

 

ネタ本が何冊あるかで、

 

英語の授業内容や、

 

授業準備の負担が、変わってくると思います。

 

そのほか、小学校で使われているテキストに、こういうものがありまして、私も、現在授業で使ったり、自分のこどものために使ったりしています↓。

英会話たいそう カードブック 1 CD付 Dansinglish カードブック 1 CD付 (英会話たいそう Dansinglish)

英会話たいそう カードブック 1 CD付 Dansinglish カードブック 1 CD付 (英会話たいそう Dansinglish)

 

 

この英会話を使って 踊るときは、DVDを参考にします↓。小学4年生まで、かなり盛り上がります。口も動きます。

英会話たいそう Dansinglish DVD

英会話たいそう Dansinglish DVD

 

 

 以上です。